【アイビスSD】アルミューテン しっかり伸びた、南田師「外枠なら前に行けるはず」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/22

格上挑戦ながら動きが目立ったのがアルミューテン。坂路を単走で追われ、4F52秒7~1F12秒2。南田師も「しまいまでしっかり伸びて動きは良かった」と満足げだ。前哨戦に当たる韋駄天Sで見せ場たっぷりの4着。その後2戦は結果が出ていないが、千直に戻れば再び好走も。「間隔を詰めて使えているのは元気な証拠。外枠なら前に行けるはず」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加