超人気ワイヤレスキーボードのテンキーレス版、MX KEYS MINIをレビュー

超人気ワイヤレスキーボードのテンキーレス版、MX KEYS MINIをレビュー

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/10/14
No image

ロジクールのワイヤレスキーボード「MX KEYS MINI」(型番:KX700)

ロジクールからワイヤレスキーボード「MX KEYS」(型番:KX800)のテンキーレスなコンパクト版、「MX KEYS MINI」(型番:KX700)が登場した。直販価格は1万3860円で、11月11日に発売予定だ。デバイス接続方法はBluetoothか別売のLogi Bolt USBレシーバーとなる。

MX KEYSから幅は70%縮小、重量は40%軽量化

MX KEYS MINIのサイズは296(W)×132(D)×21(H)mm、重量は506g。リモートワークなどで大人気のMX KEYSから幅が70%縮小し、重量は40%軽くなっている。小型化に伴なってキーも減っているが、主にテンキーを省いた形だ。MX KEYSと同様、デバイスを3台までキーで切り替えできる「EASY SWITCH」などの最新便利機能を備え、静音かつ指のかかりが良いラウンド形状のキーなどもそのままに、MX KEYSよりも取り回しやすい点がウリとなる。

また、価格もMX KEYSより2090円安く、「MX KEYSは欲しいけど、ちょっと予算が……」なんて二の足を踏んでいたユーザーには朗報だろう。さらに、商品発売記念としてロジクール・オンラインストアでは10%割引クーポンありで予約できるのでお得になる。コロナ禍でリモートワークをすることになったものの、居住空間にうまく作業スペースを広く取れない方にも注目してほしい。今回はそんなMX KEYS MINIを触る機会を得たのでレポートする。

No image

MX KEYS MINI(写真上)は幅296mmとコンパクトなサイズが最大の特徴。MX KEYS(写真下)と比べると、その差は一目瞭然だ。なお、EASY SWITCH対応キーはMX KEYSではFキーの右側に独立していたが、MX KEYS MINIではF1~3キーに割り当てられている

MX KEYSはコンパクトながらキートップは実寸で約11mm、キーピッチは約19mmとMX KEYSと同じサイズで、打鍵感はまったく同じだった。押下圧は好みが分かれるところだと思うが、パンタグラフ特有のぺちぺちとした安い感触はまったくなく、円状にくぼんだキートップは指のかかりが良く、ミスタイプしにくい設計になっている点も好感触だ。

カーソルキーなど、一部キーレイアウトの変更で最下段のキーは小さくなっているが、タイピング主軸の使い方なら大きく機能性を損なうほどではない。普段使いならMX KEYS MINI、プログラミングや表計算ソフトなどで数字の入力が多いユーザーはMX KEYSといった住み分けになるだろう。

No image

MX KEYSにはなかったキーも。左から「ディクテーションキー」(人がしゃべっている様子のアイコン)、「絵文字キー」(スマイルのアイコン)、「マイクミュートキー」(マイクの横に×があるアイコン)

No image

専用ソフト「Logicool Options」。一部キーの機能割り当て変更や登録デバイスの確認などができる

MX KEYS MINIでは新たに「ディクテーションキー」、「絵文字キー」、「マイクミュートキー」が追加されている。ディクテーションとはいわゆる自動文字起こしのことで、マイクに向かって話した言葉を自動でテキスト化してくれる機能だ。こちらはWindows 10では言語設定が日本語だと使えないものの、Windows 11やmacOSでは日本語もサポートしているとのこと。

No image

ディクテーションキーをWindows 10の日本語環境で使うと、このような悲しい通知が出る。なお、機能そのものはOSに依存している模様で、お隣のカメラマークのスクリーンショットキーを押すと「Snip&Sketch」アプリが起動する

絵文字キーは絵文字の候補を1発で出してくれるキーで、マイクミュートキーは自身のマイクを1発でミュートにしてくれるボタンだ。もちろん、解除も押すだけ。マイクミュートは慣れないユーザーインターフェースのオンラインミーティングサービスだとどこにあるか探して手間取ることもあるので、PCのマイク入力ごとサクッとミュートにできるのはありがたい。

No image

テキストエディタ―上で絵文字キーを押してみたところ。上部のタブを切り替えれば、アスキーアートの顔文字や記号候補も選べる

No image

マイクミュートキーを押すと、デスクトップ画面右上にマイクミュートのアイコンが出現。Google Meetというオンラインミーティングサービスで試してみたところ、きちんとGoogle Meet上のマイクアイコンもミュートに変化した

小型化してもバッテリー持続時間はMX KEYSと同等

No image

充電はUSB Type-Cポート

MX KEYSと同様、内蔵バッテリーで駆動し、充電は付属のUSB Type-C to Type-Aケーブルで行う。バッテリー駆動時間は公称で最長150日(バックライトオフ時)と、コンパクトになったもののフルサイズのMX KEYSで同等な点が嬉しい。

充電用のUSB Type-Cポートの横には電源スイッチがあるので、使わない時はオフにしてバッテリーを節約してもいい。とはいえ、近接センサーを搭載し、手がキーボードにないと判断した時(つまり、使っていない時)は自動で省電力モードに入るのでそこまでマメに節約しなくてもいい仕様だ。

No image

バックライト点灯時の写真

バックライトはキートップの文字とキーのまわりの隙間から光るタイプで、室内照度に合わせて自動点灯する。なお、F4キーとF5キーで明るさを7段階で調節でき、もちろん消灯設定も可能だ。  ちなみに、筆者はMX KEYSユーザーだが、電源スイッチを切らずに毎日長時間仕事で使っている。そんな状況でも充電頻度は1ヵ月に1回あるかないか程度だ。バックライトも室内照明をつけていれば、省電力モードから復帰する時などを除いて基本的には自動点灯しないので、意識せずとも賢くバッテリーを節約できている気がする。

No image

打ちやすい絶妙な傾斜を生んでいるバッテリー部の出っ張り

MX KEYSもそうだったが、フラッグシップモデルということで機能はもちろん、デザインも無駄なくハイレベルにまとまっている。わかりやすい点が背面後部の形状で、長期間充電なしで使える容量のバッテリーを内蔵しつつ、それによって生み出される傾斜が打ちやすさにつながっている。

また、コンパクトなキーボードはその小ささゆえに、打鍵中に本体が安定しないこともある。しかし、MX KEYS MINIはこのバッテリー部とキーボード部の重量バランスが優秀で、非常に安定してタイピングできた。対応OSもWindows 10以降、macOS 10.15以降、LinuxにChrome OS、iOS 13.4以降、iPadOS 14以降、Android 5以降と幅広く使える。総合的に見て、ワイヤレス小型キーボードに限った話で言えば、間違いなく2021年最強候補の一角になるだろう。

No image

ローズ

No image

グラファイト

カラーは本レビューで使用したペイルグレーのほか、ローズとグラファイトもラインアップする。

No image

同社のワイヤレスマウス「MX Anywhere 3」(直販価格1万780円)との組み合わせもオススメ

筆者はマウスも同社のMX Anywhere 3というモデルを使っているのだが、マルチデバイス運用するならこの組み合わせがオススメだ。MX Anywhere 3もMX KEYS MINIも同社のデバイス間入力インターフェース共有機能「Flow」に対応し、最大3台までのPCをマウスの移動操作だけで自動切り替えられる。

例えば、PC1で作業している時でもPC2の画面にマウスカーソルを移動すれば、そのままPC2でキーボードも打てるといった具合だ。LAN内でPC間を接続している状態になるので、ファイルの受け渡しやクリップボードにコピーした内容もFlowで共有できる。

また、MX Anywhere 3もUSB Type-C to Type-Aケーブル充電なのでケーブルを共用できる点も便利。ただし、レシーバーはMX Anywhere 3付属のUSB UnifyingとMX KEYS MINIでは規格が異なるため共有できないので注意しよう。

まとめ:省スペースリモートワーカーの心強い味方

筆者がMX KEYSを使い始めてだいぶ経つが、オンラインミーティング中のメモでも響かない静音性や登録デバイスをキー1発で切り替えられる点はかなり気に入っている。しかし、常々テンキーはいらないのでそのぶんもっとコンパクトだったらなと思っていた。ゆえに、MX KEYS MINIはそんなMX KEYSの唯一とも言っていい不満ポイントを解消した製品として、個人的には大満足な逸品だった。

新規感染者数が減ったとはいえど、まだまだ予断を許さない状況にあるコロナ禍。リモートワークの普及で働き方が大きく変容してきていると肌で感じる昨今だが、自宅作業ゆえの体調不良もよく聞こえてくる。ゆえに、なるべくストレスを避けるために自宅の作業環境を見直そうと考えている人も少なくない。こと作業スペースの狭さでお困りの方ならぜひオススメしたい。

■関連サイト

ロジクール

■Amazon製品ページ

KX700GR/グラファイト

KX700PG/ペイルグレイ

KX700RO/ローズ

CAA1/USB-C-Aアダプター

LBUSB1/Logi Bolt USB-Aレシーバー

■楽天製品ページ

KX700

CAA1/USB-C-Aアダプター

LBUSB1/Logi Bolt USB-Aレシーバー

■ロジクール・オンラインストア製品ページ(KX700発売記念10%割引クーポンコード:FW2021DEBUT)

KX700

CAA1/USB-C-Aアダプター

LBUSB1/Logi Bolt USB-Aレシーバー

ジサトライッペイ 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加