C大阪・ロティーナ監督、今季限りで解任 後任候補に名波氏、アギーレ氏が浮上

C大阪・ロティーナ監督、今季限りで解任 後任候補に名波氏、アギーレ氏が浮上

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/22

C大阪が今季限りでミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(63)を解任することが20日、分かった。複数の関係者によると、クラブ側と指揮官の契約が現行では今季限りとなっていた中、契約を更新しないことを本人サイドに通達したもよう。来季に向けて、監督交代へと踏み切ることになった。

No image

C大阪・ロティーナ監督

ロティーナ監督は就任1年目となった昨季、ボールを保持するスタイルと戦術的かつ組織的な戦い方を持ち込み、リーグ最少失点の堅守を築いて5位に入った。勝負の2年目を迎えた今季は、前半戦に一時は首位に浮上するなど好調をキープ。ただ、後半戦に入って得点力不足などに苦しみ、直近10試合は3勝1分け6敗と失速していた。まだ天皇杯出場や来季ACL出場権を狙える5位につけながらも、主に攻撃面でのスケールアップを図るため、新たな指揮官を招へいすることが決まった。

関係者によると、後任候補にはクラブOBで元日本代表の名波浩氏(47)が浮上。同氏には13年秋にも監督就任を要請し、当時は本人が固辞したことから破談となった。さらに、元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏(61)の名前も挙がっているという。クラブとして悲願のリーグ制覇を目指す中、今後の動向に注目が集まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加