【阪神】4イニング連続の先頭打者出塁生かせず 得意のライアンから序盤は無得点

【阪神】4イニング連続の先頭打者出塁生かせず 得意のライアンから序盤は無得点

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/09/15
No image

◆JERAセ・リーグ ヤクルト―阪神(15日・神宮)

阪神が4イニング連続の先頭打者出塁を生かせなかった。

初回。1番・近本が初球を右翼への二塁打としたが、2死三塁からマルテが見逃し三振。2回は先頭・大山の打球を相手野手が見失い、左翼へのラッキーな二塁打としたが、1死二塁からロハスが見逃し三振に倒れ、最後は2死一、二塁から投手の伊藤将が二ゴロに打ち取られた。

3回は先頭の近本が俊足を生かし、一塁への内野安打。しかし、続く中野の打席で盗塁失敗。三振ゲッツーとなった。4回は4番・マルテが中前打を放ったが、大山が遊ゴロ併殺に終わった。

ヤクルト先発の小川は今季、阪神戦3試合で0勝2敗、防御率8・78(14日時点)。猛虎打線にとっては得意の相手だが、この日序盤は打ちあぐねている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加