メキシコの絶対的守護神GKオチョアがトレンド入り!「そっくりだと思ったら」「激アツすぎ」

メキシコの絶対的守護神GKオチョアがトレンド入り!「そっくりだと思ったら」「激アツすぎ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/23

◇東京五輪 サッカー男子・1次リーグA組 メキシコ4―1フランス(2021年7月22日 味の素スタジアム)

No image

メキシコ代表のOA枠GKギジェルモ・オチョア(AP)

東京五輪男子サッカーが22日に1次リーグ初戦を迎え、日本と同じ1次リーグA組のメキシコとフランスが第1戦を戦った。22人中18人がA代表を経験しているメキシコは、4大会連続W杯出場の36歳のGKオチョアら経験豊富なオーバーエージ(OA)枠の選手を加えた強力な布陣。フランスに4ー1で快勝し、白星発進となった。

絶対的守護神のオチョアはPKで1点を献上したが、好守を見せてチームの勝利に貢献した。

ネットでは「オチョア」がトレンド入り。「メキシコ代表のGKがオチョアにそっくりだと思ったらオチョア本人だった」「メキシコまだオチョアいて草」「オチョアGKは激アツすぎんよ...!!」「オチョア衰えてないなぁ」「オチョアを久々に見れて嬉しかった」などとサッカーファンが大興奮した。

オチョアは14年のブラジルW杯1次リーグでブラジルに14本のシュートを打たれながらもビックセーブを見せるなどの好守で貢献し、チームを引き分けに導いた。18年のロシアW杯ではドイツに25本のシュートを打たれながらも無失点に抑えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加