小柳ルミ子、インプラント手術後に医師から注意「切ないなぁ」

小柳ルミ子、インプラント手術後に医師から注意「切ないなぁ」

  • アメーバニュース
  • 更新日:2021/01/14
No image

歌手の小柳ルミ子が12日に自身のアメブロを更新。折れたインプラントの手術後に医師から受けた注意を明かした。

昨年11月30日のブログで小柳は「5ヶ月間激痛に耐え歯を食いしばって舞台に立ち続けたせいで左下 奥の歯が2本折れてた」とインプラントが折れていたことを報告。仕事への影響を考えて手術は年明けに設定したといい、12日には「1回目の手術 終わりました 5時間掛かりました」と無事に手術を終えたことを報告。

続けて「本来なら 大学病院等で 全身麻酔をしてやるレベルの 口腔外科手術」であったことを明かすも、「2年程前から治療して頂いてる S先生を信頼して お願いしたのです」「先生 有難うございました 心から感謝致します」と担当医への感謝をつづっていた。

また、同日に「術後 先生から幾つかの注意点がありました」と明かし、「今日から約1ヶ月 流動食」「もし他の物を食べる場合は細かく刻む事」「通常の3倍位 ゆっくり噛む事」「右だけで噛む事」など、医師からの注意点を列記。

最後に「あ~ぁ今日から流動食かぁ~切ないなぁ~」と肩を落とした様子で述べ、「コンビニでお粥を買って来ました」「4種類全部」と購入したレトルト粥の写真を公開。「鮭が好きなので2パック」と計5パック購入したことを明かすも、「これじゃあ 2日で終わっちゃう…」とつぶやいた。

これに対し読者からは「1ヶ月も流動食なんて、切ないですねぇ~」「治ったら好きなもの、食べられるので、頑張って下さいね」「毎日、早く良くなるように祈ってる」などのコメントが寄せられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加