虎の満塁男だ!阪神・佐藤輝が2度の満塁機に本塁打とタイムリー 今季満塁で打ちまくり

虎の満塁男だ!阪神・佐藤輝が2度の満塁機に本塁打とタイムリー 今季満塁で打ちまくり

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

5回、満弾を放った佐藤輝はベンチの中で笑顔をはじかせる(撮影・田中太一)

「阪神7-3広島」(2日、甲子園球場)

虎の満塁男襲名だ。阪神ドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=が「4番・三塁」で先発出場し、2点を追う五回、無死満塁で野村から右翼席へ逆転の8号満塁本塁打を放った。チームは逆転勝ちし、2位・巨人とのゲーム差を3・5とした。

阪神の新人選手による満塁本塁打は、2リーグ分立後、2012年の伊藤隼、2016年の大山に次いで3人目。

満塁でめっぽう強い佐藤輝は六回、1死満塁でも左前適時打を放ち、リードを広げた。これで今季の満塁での成績は7打数4安打で打率・571、1本塁打、9打点となった。4月23日のDeNA戦の右翼守備では、満塁の場面で右前打を後逸。打者走者も生還する痛恨の“満塁ホームラン”エラーも犯したが、その翌日から満塁機で4打数連続安打。その悔しさを晴らすかのごとく、満塁で打ちまくっている。

阪神の新人が4番に座ったのは、2リーグ分立後4人目で、2017年の大山以来。佐藤輝は球団史上第107代4番打者となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加