山形中央・柏倉うみ自己ベストで準V「悔しいが、満足しています」/全国高校総体陸上

山形中央・柏倉うみ自己ベストで準V「悔しいが、満足しています」/全国高校総体陸上

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2022/08/06
No image

女子400メートル障害で2位に入った山形中央・柏倉

<全国高校総体陸上>◇5日◇徳島・ポカリスエットスタジアム◇男女400メートル障害ほか

全国高校総体(インターハイ)で山形勢が躍進した。女子400メートル障害では、山形中央の柏倉うみ(3年)が自己ベストの59秒12で2位に入った。

山形中央・柏倉は女子400メートル障害で自己ベストの59秒12で堂々の2位フィニッシュだ。「とにかく自分のレースをしよう」と一時はトップに立つも、最後の競り合いで敗れて1位に0秒18及ばず。「自己ベストをインターハイの舞台で出せた。優勝できずに悔しいが、満足しています」。6月の東北陸上後は「記憶にないですね。長かったような、短かったような、一生懸命な毎日でした」と無我夢中で練習に励んだ。昨年は準決勝で敗退。今夏は当時の記録1分1秒03を大幅更新も「自分はまだまだです」と冷静に受け止めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加