ブルテリアが2歳児の頬を噛みちぎる 飼い主の叔父は責任を放棄中

ブルテリアが2歳児の頬を噛みちぎる 飼い主の叔父は責任を放棄中

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/07/12

(cynoclub/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)飼い主が「よくしつけてある犬だから」と言っても、100%は信用しないほうが賢明だ。飼い主には従順な犬だろうと、時と場合によっては獰猛な犬と化すことがわかる事件が発生した。■ブルテリアに襲われる今年3月、ニュージーランド・クライストチャーチ在住のマキシン・ベネットくん(2)が、親類の家で飼われていたスタッフォー

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加