竹財輝之助×猪塚健太、BL漫画の実写化で大ヒットした「ポルノグラファー」シリーズがついに映画化!

竹財輝之助×猪塚健太、BL漫画の実写化で大ヒットした「ポルノグラファー」シリーズがついに映画化!

  • TVガイド
  • 更新日:2021/02/24
No image

2018年にFODで異例の再生回数を記録したドラマ「ポルノグラファー」。翌年に制作された続編「ポルノグラファー~インディゴの気分~」(フジテレビほか)も現在再放送中だ。シリーズ最終章となる「劇場版ポルノグラファー~プレイバック~」で、ドラマに引き続き絡み合う恋愛模様を演じる竹財輝之助と猪塚健太の2人に迫る。

竹財 「ドラマの反響のおかげで、劇場版までたどり着いたね」

猪塚 「ホント、そうですよね!」

竹財 「『ポルノグラファー』のファンの皆さんは、本当に情熱的な方ばかりだよね。すごく熱い思いを届けてくださる皆さんにドラマをたくさん見ていただいたおかげで、映画化が実現したからね」

猪塚 「本当に皆さんの声がありがたいです! ドラマの配信当時から、SNSを見ると皆さんからたくさんのうれしい声が届いていて。配信が始まるまでは正直不安だったんですけど、皆さんの声を知って安心したことを覚えています」

竹財 「劇場版が決まった時の反響もすごかったよね」

猪塚 「とにかく皆さんが喜んでくださっていましたね」

竹財 「僕ら自身、『映画!?』ってびっくりしたけど…(笑)」

猪塚 「そうですよね(笑)」

竹財 「劇場版の原作(『續・ポルノグラファープレイバック』)は読んでいたけど、まさか映画になるとは思わなかった」

猪塚 「今回、ドラマとはまたちょっと違う2人が見られますよね」

竹財 「僕は、演じている官能小説家の木島理生が実家にいるのが不思議だった。妹がいて、姪がいて、お母さんがいるっていう…。家族がいるって自然なことなんだけど、木島に関してはすごく変な感じで、ずっとふわふわしてた。そのおかげで木島先生ならではの“異物感”を得られたから、僕にとって、実家のシーンは特別だったな」

猪塚 「僕が印象深かったのは、スナックアケミのシーン。スナックアケミで僕が演じる春彦の感情が爆発することが多かったんですけど、撮影場所の関係で、撮影期間が2日ぐらいしかなくて…。理生さんと感情をぶつけ合うシーンをまとめて撮ったので、どっと疲れた記憶があります(笑)」

竹財 「なるほどね(笑)」

猪塚 「劇場版の台本は、原作から受けた印象とは少し違ったんです。例えば、原作はけんかのシーンがもうちょっとポップなんですけど、劇場版はよりシリアスな雰囲気。その部分を竹財さんがどう思っているか気になってはいたんですけど、『どんな感じでいきます?』って話すのも違う気がして…。ドラマの時もそういうことはしてなかったですし」

竹財 「うん、してなかった」

猪塚 「そこはお芝居をしながら探っていきました。掛け合いをしていたら自然とそういうシーンになっていたので、竹財さんが僕のお芝居を感じて合わせてくれていることが、言葉にしなくても分かりましたね。久しぶりでしたけど、春彦にスッと戻れた感じがします。僕が何をやっても竹財さんは受け止めてくださいますし!」

竹財 「それはお互いさまだよ。僕も、わりとスムーズに木島先生に戻れた気がしてる。ただ、アフレコで(三木康一郎)監督から『先生はそんなんじゃないんだよなー。何だか渋いんだよ』って言われて(笑)」

猪塚 「あははは!」

竹財 「自分が分かんなくなっちゃって、“僕はこんなにダメな人なんだ”って思ったのが印象的」

猪塚 「いやいやいや…(笑)。でも、あるタイミングで理生さんになった瞬間、ありましたよね。竹財さんと理生さんが完璧にハマった感じが分かりました」

竹財 「そうそう。何でなのかは自分でもはっきり分からないけどね」

猪塚 「監督、鋭いですよね!」

竹財 「そう、見透かされてる」

猪塚 「本番でもどこかにちょっとでも雑念があると確実にバレます。『今、違うこと考えてたでしょ?』って。妥協せずディレクションしてくれるのでありがたいです」

竹財 「『この顔が見たい』とか、ハッキリ言ってくれるからやりやすいんだよね」

No image

猪塚 「そういえば今回は、このご時世での撮影ということで、打ち上げとかも全然してないですよね」

竹財 「お酒を飲みに行けてないから、行きたいね」

猪塚 「まったく行かなかったですもんね。地方でのロケだったから、本当だったら行きたかったですけど、我慢しましたね」

竹財 「何かあったら大変だからね」

猪塚 「そうなんです。だから、行きたいですよね。あと、僕、温泉にも行きたいんです」

竹財 「じゃあ、コロナ禍が落ち着いたら、温泉に行って飲もうよ」

猪塚 「飲みたいっすね。流した汗をお酒で埋めたい(笑)」

竹財 「そうしよう。じゃあ、熊本の黒川温泉に行こう。黒川は入湯手形があってたくさん入れるの!」

猪塚 「行きたいなぁ」

竹財 「黒川はいいよ。いまだに温泉街みたいな雰囲気が残ってて…。飯もうまいし、お風呂も宿によって全然泉質が違っていろいろ楽しめるし…。お酒を持ち込める温泉もあるからね」

猪塚 「じゃあ、もしお休みがあったら一緒に熊本に行きましょう」

竹財 「ふふふ…。熊本は地元だから温泉以外も詳しいよ。僕がエスコートします。山も海も!」

猪塚 「ぜひお願いします!」

No image

Q:人生で“プレイバック”したい出来事は?

竹財 「僕、後悔しないようにしてるんですよ。嫌なことは忘れちゃう。けんかした次の日には、けんかしたことすらも忘れるし…(笑)」

猪塚 「あははっ!」

竹財 「便利な脳なんですよ。なので、プレイバックしたいとは思わないですけど、“もし今の意識のまま高校時代に戻れたらすっごくモテるのに!”とは思う(笑)」

猪塚 「それは分かります(笑)」

竹財 「ねぇ~!」

猪塚 「僕は大学時代に戻りたいです。まだ役者をやる前で、みんなでスノーボードや海に行ったり、何にも気にせず遊べたんです。でも、今はけがが怖くてスノボとかできないし、日焼けできないから海に行けないし…」

竹財 「うんうん、そうだよね」

猪塚 「だから、まだ解放的だった時代に戻ってみたいです(笑)」

No image

【プロフィール】

竹財輝之助(たけざい てるのすけ)
1980年4月7日、熊本生まれ。牡羊座。O型。2004年に「仮面ライダー剣」で俳優デビュー。昨年はドラマ「女ともだち」「東京男子図鑑」「マイラブ・マイベイカー」、今年は「年の差婚」にも出演。「WOWOWオリジナルドラマ 出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年のこと」が2月26日にWOWOWオンデマンドにて配信スタート&3月26日にWOWOWプライムにて放送スタート。

猪塚健太(いづか けんた)
1986年10月8日、愛知県生まれ。天秤座。AB型。映画「今日から俺は!!劇場版」(2020年)のBlu-ray&DVD、「地球ゴージャス二十五周年祝祭公演 『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』」のBlu-rayが発売中。

【作品情報】

No image

「劇場版ポルノグラファー~プレイバック~」
2月26日 全国ロードショー

熱狂的なファンの要望を受けて公開される、ブームを起こした人気シリーズ「ポルノグラファー」の最終章。官能小説家の木島(竹財)は、文通で遠距離恋愛を続けていた春彦(猪塚)を傷つけてしまう。さらに、実家になじめず家を出た先で、全治2週間のけがを負い…。

取材・文/高瀬純 撮影/岡本武志
ヘア&メーク/大野彰宏(ENISHI) スタイリング/大石裕介[竹財]、入山浩章[猪塚]
衣装協力/放課後の思い出、DISCOVERED、LITTLEBIG、鞆ゑ/トモエ商事株式会社[猪塚]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加