TVアニメ「サマータイムレンダ」特報PV解禁! 監督は渡辺歩、シリーズ構成・脚本は瀬古浩司に決定!

TVアニメ「サマータイムレンダ」特報PV解禁! 監督は渡辺歩、シリーズ構成・脚本は瀬古浩司に決定!

  • WebNewtype
  • 更新日:2021/10/14
No image

TVアニメ「サマータイムレンダ」特報PVより (C) 田中靖規/集英社・サマータイムレンダ製作委員会

2022年放送予定のTVアニメ「サマータイムレンダ」のアニメ映像初解禁となる特報PVが公開されました。

TVアニメ「サマータイムレンダ」特報PVより

映像は、主人公の網代慎平が故郷である和歌山市日都ヶ島に帰ってくる、物語の序章にあたるシーンから始まります。島を離れた2年前と変わらないの風景の中、幼なじみの小舟潮だけがどこにもいない状況が描かれ、映像の最後には島に伝わる"影"のウワサを彷彿とさせる黒い存在が不吉に映り込んでいます。

PV解禁にあわせて、メインスタッフ情報も発表されました。監督を渡辺歩さん、シリーズ構成・脚本を瀬古浩司さん、キャラクターデザインを松元美季さんが担当し、音楽は人気ゲーム「NieR:Automata」などの作曲で知られる音楽制作クリエイター集団・MONACAの岡部啓一さん、高田龍一さん、帆足圭吾さんが手がけます。

「サマータイムレンダ」の原作は田中靖規さんによるコミックで、集英社ジャンプコミックスより全13巻が好評発売中です。また、第1話から第3話までは「ジャンプ+」で無料公開されています。

【イントロダクション】

「潮が死んだ――」

幼馴染・小舟潮の訃報を聞いた網代慎平は、2年ぶりに故郷である和歌山市・日都ヶ島に帰ってきた。家族や友人との再会。滞りなく行われていく葬儀。しかし、親友・菱形窓は「潮の死には不審な点があり、他殺の可能性がある」と慎平に告げる。翌日、近隣の一家が突如として全員消えてしまう事件が発生。時を同じくして、慎平はある不吉な噂を耳にする。

「自分にそっくりな"影"を見た者は死ぬ。影に殺される――!」

さらに、潮の妹・澪が「お姉ちゃんが亡くなる3日前に影を見た」と言いだして……!? 紀淡海峡に浮かぶ夏の小さな離島で、時をかけるSFサスペンスが、今幕を開ける――!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加