志尊淳、「青天を衝け」で大河初出演 3月急性心筋炎...退院後初ドラマ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/02

俳優、志尊淳(26)がNHK「青天を衝け」(日曜後8・0)で大河ドラマ初出演を果たすことが1日、分かった。

この日、同局が11人の追加キャストを発表。志尊は、江戸幕府の特使としてパリ万博に派遣される主人公、渋沢栄一(吉沢亮)ら使節団33人の1人となる幕臣の杉浦愛蔵(譲)役。栄一と家族ぐるみの付き合いをするようになり、明治政府で前島密らと郵便制度の確立に奮闘する人物だ。

志尊は3月に急性心筋炎を患い入院も、先月13日に退院を公表。関係者によると、退院後初ドラマとなる大河の収録に、すでに参加している。

また、俳優、小日向文世(67)の長男で俳優、小日向星一(せいいち、25)が会津藩主の松平容保(かたもり)役、次男で俳優、小日向春平(23)が桑名藩主の松平定敬(さだあき)役、福士誠治(37)が長州藩士の井上門多(馨)役でそれぞれ大河初出演する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加