ASEAN外相 ミャンマーの民主活動家ら4人の死刑に「懸念」声明

ASEAN外相 ミャンマーの民主活動家ら4人の死刑に「懸念」声明

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/08/06
No image

動画を見る(元記事へ)

ASEAN(東南アジア諸国連合)は、ミャンマーで民主活動家ら4人が死刑執行されたことに「懸念」を表明する外相会議の共同声明を発表しました。

カンボジアの首都プノンペンで行われたASEAN外相会議の共同声明が5日、発表されました。

声明ではミャンマー情勢について先月、民主活動家ら4人の死刑が執行されたことを挙げ、「長引く政治危機に対する懸念」を示しました。

また、去年、ASEANで合意した「暴力の即時停止」などの5項目が完全に実施されていないことに「深く失望した」としています。

一方、一部の加盟国と中国が領有権を争う南シナ海の問題については「何人かの閣僚から懸念が表明された」と記しました。

ロシアによるウクライナ侵攻については「即時に敵対行為を停止する重要性を強調する」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加