山口組と神戸山口組の特定抗争指定、10回目の延長 兵庫県公安委員会

山口組と神戸山口組の特定抗争指定、10回目の延長 兵庫県公安委員会

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2022/06/23

兵庫県公安委員会は23日、山口組(神戸市)と神戸山口組(同)の特定抗争指定暴力団への指定を、3カ月間延長すると明らかにした。7月5日の官報に公示予定で、期間は10月6日まで。指定延長は10回目となる。

No image

兵庫県公安委員会が入る兵庫県警察本部=神戸市中央区

今年に入って暴力団の抗争とみられる事件が頻発しており、6月5日には神戸市北区の神戸山口組組長宅で複数の弾痕が見つかる事件が発生。翌6日は神戸山口組から離脱した指定暴力団「絆会」(尼崎市)代表宅に軽自動車が突っ込むなど、情勢は緊迫感を増している。

県警暴力団対策課は「警戒活動を強化し、市民が巻き込まれないよう努めていく」としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加