藤沢五月 ピンクのミニスカで勝負「パンツが嫌だった」カーリング混合ダブルス

藤沢五月 ピンクのミニスカで勝負「パンツが嫌だった」カーリング混合ダブルス

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/25
No image

試合前に会見に臨む藤沢五月(C)JCA IDE

カーリングの日本混合ダブルス選手権は23日、みちぎんドリームスタジアムで開幕する。試合前に会見が行われ、昨年山口剛史とのペアで準優勝し、4人制では18年平昌五輪で銅メダルを獲得したロコ・ソラーレの藤沢五月が、ピンクのミニスカートで登場した。

カーリングでは珍しい服装で、22年北京五輪代表の座を射止めに行く。服装について、「シンプルに言うと、私がパンツが嫌だった」と藤沢。「昔はよく女性の方がスカートをはいていた。昔はセーターが一般的だった。今ではそれがなくなってしまってちょっとさみしい」と理由を明かした。さらに「他とは違う所を見せつつ、プレーでも期待してほしいなと意味を込めました」と笑顔で語った。

ミニスカートだけではない。「お勧めは背中の文字」と、英語で書かれた文字をアピール。「私と山口は色がちょっと違います。ちょっとオシャレに作っていただいたので、このユニホームに負けないプレーをしたい」と活躍を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加