ダメンズと付き合ってしまう女性が男を”沼”らせる方法とは?

ダメンズと付き合ってしまう女性が男を”沼”らせる方法とは?

  • AppBank
  • 更新日:2023/01/26

「どうしてこんなに好きなのに片思いで終わっちゃうんだろう…」と悩む女性は少なくありません。脈アリだと思って、付き合わずに関係を続けても、結局お互いの熱量のギャップに心が苦しくなり、関係を終わらせる。そんな経験はありませんか?

今回は、男を沼らせることのできる方法について取り上げてみました。ぜひ最後までご覧くださいね。

目次

1. お相手に「尽くしすぎ」ない

2. 夜になって不安でも自分から連絡しない

3. 嫌なことはハッキリ断る

4. 急に呼び出されても会いに行かない

5. 【まとめ】本当に好きなら男性はあなたのことを「お姫様扱い」します

お相手に「尽くしすぎ」ない

相手がお願いしたことに対して、なんでもかんでも「OK」して尽くしすぎていませんか? 「尽くす」ことは悪いことではありません。好きの気持ち故に、「何か力になってあげたい」と思って行動する姿は素敵です。

しかし、何でもかんでもやってあげては「お母さん」になるだけ。尽くした後に「引く」ことも効果的です。「あれ?あれはやってくれたのに今回はしてくれないの?なんでだろう」と男性も一度考えます。すると男性はいつの間にか貴方に対して沼っているのです。

夜になって不安でも自分から連絡しない

夜になっても連絡が返ってこないで、「彼は今何をしているのだろう」と心配になることがありますよね。そして追いLINEをしてしまうというケースはよく耳にします。不安な気持ちは分かりますが、追いLINEしても彼の気持ちはいい方向に向きません。むしろ、嫌がると思います。

「暇」は恋する女性の「毒」でしかありません。依存先を何個も作りましょう。この場合の依存先は人間ではなく、「趣味」です。漫画でも映画でも音楽でもアイドルでも、没頭できる趣味を作りましょう。自立した女性は魅力的に見えるものです。

彼がいないとき、いかに自分を幸せにできるかが鍵になります。

嫌なことはハッキリ断る

相手の要求に「NO」と言えていますか? なんでもかんでも「OK」をすると、男性に「なんでもOKなんだ」と思われてしまいます。貴方だけが我慢することないのです。「NO」と言って嫌われることを怖がっていませんか?

断った程度で嫌われるなら、それは貴方と結ばれるべきではなかったということになります。なぜなら「貴方を大切にしてくれないから」です。本当に大切と思っているのであれば、貴方の嫌がることはお願いしないはず。断ったからって拗ねるようであれば、離れましょう。

貴方を傷つける人間にかける時間はありません。

急に呼び出されても会いに行かない

会いたいと思ってくれているから夜に呼び出されても会いに行く。

好きだから故に、呼ばれたら会いに行ってしまいますよね。会えるものならいつでも会いたいと思ってしまうのは当然です。しかし、本当に彼が貴方のことを好きと思っていたら「自分から会いに行く」でしょう。夜に女性を一人で歩かせるなど、大切にしていないのも同然です。

それよりもしっかりとデートの約束をして会いに行くべき。約束をしていれば、女性としては準備ができますよね。髪の毛や肌のケアをしたり、お洋服を新調したり。そうやって貴方の時間を確保してくれる(大切にしてくれる)男性を選びましょう。

準備万端の女性ほど、無敵なものはありません。 貴方の魅力で沼らせましょう。

【まとめ】本当に好きなら男性はあなたのことを「お姫様扱い」します

基本的にダメンズホイホイの女性は「熱しやすく、相手に尽くしやすい」傾向があります。尽くされる女性になりましょう。今回はそのための方法をご紹介しました。いかがでしたか?

本当に貴方のことを好きだと思っている男性は貴方のことをを「お姫様扱い」します。貴方に「会いに来い」と言わずに「会いに行きます」。自分の価値を自分で下げないことが、好きな男性を沼らせるコツ。

貴方に素敵な恋が舞い降りることを祈っています。最後までご覧いただきありがとうございました。

はねせがわ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加