シルク産業の再生と新たな発展を目指して|LVMH メティエ ダールが西陣織の老舗 「細尾」とのパートナーシップを締結

シルク産業の再生と新たな発展を目指して|LVMH メティエ ダールが西陣織の老舗 「細尾」とのパートナーシップを締結

  • Precious.jp
  • 更新日:2023/11/21
No image

株式会社 細尾 代表の細尾真孝氏とLVMH メティエ ダールCEOのマッテオ・デ・ローサ氏

LVMH メティエ ダールは、この度、京都の西陣織を代表する老舗としてその伝統と革新を牽引する株式会社 細尾とのパートナーシップを締結いたしました。

優れたクラフツマンシップの継承発展を目的とするLVMH メティエ ダールは、1200年にわたる西陣織の歴史を背景にテキスタイルの無限の可能性を追求するとともに、植物による伝統的な染色技法の復活を手がけるなど、「細尾」の革新的かつ素材を見据えた根幹的なものづくりに共感し、日本が世界に誇る、シルク産業のすべての工程においてイノベーションを共に推進し、抜本的な再生と発展を目指します。

LVMH メティエ ダールが西陣織の老舗 細尾とのパートナーシップで目指すもの

2015年に設立された LVMH メティエ ダールは、牧畜をはじめ、なめし加工、金属加工、繊維やファブリック生産など、さまざまなものづくり産業における事業の成長と活性化を目標とした独自性の高い統合的な取り組みです。

ラグジュアリー製品づくりに必要不可欠な優れた技術とサヴォワールフェール(匠の技)の継承と発展を志し、それぞれの産業で最高峰の技術を誇る世界的プレーヤーとの戦略的な提携や投資を行っています。

「細尾」は1688年(元禄元年)の創業以来、西陣織の伝統を継承しながら、さまざまな技術革新によりその無限の可能性を追求し続けています。2010年には世界のテキスタイルの標準幅である150cm幅の西陣織の織機を独自に開発し、世界のマーケットに向けて革新的なテキスタイルを提供してきました。ラグジュアリーブランドの先進的なコラボレーションや、今年開業の「ブルガリ ホテル 東京」での内装などでも、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

No image

唯一無二のテキスタイルを生み出し、国内外のラグジュアリーマーケットに向けて展開しています。

No image

京都の先染め織物である西陣織は1200年前より貴族をはじめ、武士階級、さらには裕福な町人達の圧倒的な支持を受けて育まれてきました。

インテリア、ファッション、アート、サイエンス、テクノロジーなど、きもの文化を超えたさまざまな分野との協業によって新しいものづくりに取り組み、西陣織の魅力を世界に発信しています。その情熱とクラフツマンシップは、LVMHメティエ ダールが掲げるテーマである、イノベーションと伝統の継承、高品質かつ持続可能な製品づくりを体現しています。

No image

2010年には世界のテキスタイルの標準幅である150cm幅の西陣織の織機を独自に開発。

この度のパートナーシップ締結に際して、株式会社 細尾 代表取締役社長であり「細尾」12代目の細尾真孝氏は次のように語っています。

「LVMHメティエ ダールのコミュニティに参画することを心から光栄に思います。この取り組みは、日本と欧州をはじめとする世界のシルク産業に革新をもたらし、長きにわたる人類と絹の歴史を未来へ繋ぐ、大きな一歩になると確信しています。」(細尾真孝氏)

LVMH メティエ ダール プレジデントとLVMHグループチーフ・ストラテジー・オフィサーを兼任するジャン・バティスト・ボワザン氏は、「LVMH メティエ ダールは、世界最高峰の多種多様な才能とサヴォワールフェール(匠の技)を繋ぎ、共に高め合うことに価値があると信じています。日本で最も長い歴史と高い技術を誇るシルク マニュファクチャーのひとつである「細尾」とのパートナーシップを通じて、先人たちが成し遂げてきた功績を再構築し、さらにすばらしい未来へとつなげられると確信しています。」とコメントしています。

LVMHメティエ ダールCEOのマッテオ・デ・ローサは次のように言葉を添えています 。

「シルクの芸術における卓越したノウハウを持つ「細尾」との新たな取り組みを通じて、日本独自の職人の手による卓越した技術、芸術性と創造性との対話を育み、メティエ ダールのコミュニティにおいて地域を超えたつながりへと発展していきます。このコラボレーションは、伝統的なシルク製造技術に革新をもたらすだけでなく、新しいアイデアや視点を生み出し、成長機会と世界的なビジビリティを高めます。異文化間での知識と専門技術の交流を促進することにより、世界各国の幅広い市場にアピールする素晴らしい製品を生み出すことができます。これは単に企業としての利益にとどまらず、グローバルな文化交流に貢献するものです。」(マッテオ・デ・ローサ氏)

No image

実は日本と欧州には、養蚕とシルク産業における長い交流の歴史があります。19世紀中ごろに蚕が感染する微粒子病が蔓延し、ヨーロッパの養蚕業は壊滅的な状態に陥った際に、日本蚕種の採用によって養蚕業が復活しました。また、150年前には西陣から職人をフランスに派遣し、ジャカード織機の技術を持ち帰り、西陣織の再生とイノベーションに成功しています。この度の「細尾」とのパートナーシップは、シルク産業におけるイノベーションを推進するとともに、シルクを通じた日本と欧州の技術交流を再び活性化するものになるでしょう。

問い合わせ先

LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン

Precious.jp(プレシャス)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加