【ソフト観戦ガイド】野球との違いは?DP、リエントリー、FP

【ソフト観戦ガイド】野球との違いは?DP、リエントリー、FP

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/24
No image

オーストラリア戦に向け、公式練習でブルペン投球する上野(撮影・河野匠)

<カウントダウン企画(2)ソフトボール>

23日の開会式を前にして、ソフトボールは決戦が始まった。14年越しの連覇を目指す日本は21日、開幕戦でオーストラリアと対戦する。今回はテレビの前での観戦に役立つガイド。ソフトボールには野球には異なる独特なルールがいくつか存在している。「DP」、「テンポラリーランナー」、「リエントリー」など。野球の感覚で試合を見ると、「なんで!?」と疑問が発生するであろうポイントを絞って、解説する。【取材・構成=上田悠太】

<距離の違い>

投手―本塁間 ソフトボール=13.11メートル、野球=18.44メートル

塁間 ソフトボール=18.29メートル、野球=27.431メートル

本塁―二塁間 ソフトボール=25.86メートル、野球=38.795メートル

本塁―外野フェンス ソフトボール=五輪では67.1メートル

(ニッカンスポーツ・コム/スポーツコラム「東京五輪がやってくる」)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加