和歌山から新たなホッキョクグマ仲間入りへ 鹿児島市・平川動物公園

和歌山から新たなホッキョクグマ仲間入りへ 鹿児島市・平川動物公園

  • KTSニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

鹿児島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

鹿児島市の平川動物公園には約2年間、ホッキョクグマがいませんでしたが、新たにオスのホッキョクグマ1頭が来ることになりました。

平川動物公園に新たにやってくるのは、和歌山県のアドベンチャーワールドで飼育されているオスのライト(9歳)です。

平川動物公園では1991年12月から30年以上人気者だったメスのカナが2020年10月に老衰で死に、約2年3カ月、ホッキョクグマがいない状態でした。

ライトは3月9日に平川動物公園に到着し、健康観察などを行って展示開始日が判断されるということです。

平川動物公園では「無事迎え入れられるように準備を整え、将来的には繁殖にも努めたい」と話しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加