韓国代表FWの獲得で古橋亨梧はどうなる? セルティックOBが見解「キョウゴがベスト」「彼は多くを与えてくれる」

韓国代表FWの獲得で古橋亨梧はどうなる? セルティックOBが見解「キョウゴがベスト」「彼は多くを与えてくれる」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2023/01/25
No image

早くも昨季と並ぶ20ゴールを達成した古橋。(C)Getty Images

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、アジアからまた補強を実現させようとしている。古橋亨梧にとって、ポジションを争う新たなライバルとなるかもしれない。だが、セルティックのOBは、古橋がエースの座を譲ることはないとの見解だ。

複数のメディアによると、セルティックは水原三星の韓国代表FWオ・ヒョンギュの獲得に迫っている。ワールドカップのメンバーには含まれなかったが、韓国サッカー界で将来を嘱望されている有望な21歳だ。

しかし、元セルティックのフランク・マカベニーは『Football Insider』で「私はまだキョウゴがベストだと思う」と、昨季からの1シーズン半で実績を残してきた古橋の優位は変わらないとの見解を示した。

「彼は本当にもっと多くを与えてくれる。荒い選手の時代は終わったんだ。そういう試合もあるが、キョウゴはそこからとにかく抜け出す。彼の動きはミッドフィルダーに多くのスペースを与え、仕事をさせるのさ。だから、彼がナンバーワンなんだ」
ポステコグルーの抜擢でヴィッセル神戸からセルティックに移籍した古橋は、昨シーズン前半戦でゴールを量産した。一躍チームの顔となったが、後半戦をケガで棒に振ることに。その間、ギリシャ代表のギオルゴス・ギアクマキスが古橋の穴を埋めた。

そのため、今季はギアクマキスとのポジション争いが注目されたが、ふたを開けてみればポステコグルー監督の古橋に対する信頼は絶大だった。選手も期待に応え、1月にして公式戦20ゴールの大台を突破。早くも昨季の得点数に並んでいる。一方のギアクマキスは、浦和レッズなど国外クラブへの移籍が取りざたされているところだ。

高いレベルで戦っていくうえで、ポジション争いは避けられない。新ストライカーが加入しても、古橋がエースとしての格を見せ続けられるように願うばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「旗手のパスに鳥肌立つ」「冷静すぎるだろ」旗手の絶妙スルーパス→古橋が決めた圧巻のループ弾

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加