2023ラグビーワールドカップフランス大会日程、日本代表のスケジュール

2023ラグビーワールドカップフランス大会日程、日本代表のスケジュール

  • SPAIA
  • 更新日:2022/06/23
No image

Ⓒゲッティイメージズ

日本は2023年9月10日に初戦

ラグビーのワールドカップフランス大会は2023年9月8日に開幕する。2019年の日本大会で各プール3位までに入った12チームはすでに出場権を獲得しており、日本のほか、優勝した南アフリカやイングランド、ニュージーランド、ウエールズ、フランス、オーストラリア、アイルランド、スコットランド、イタリア、アルゼンチン、フィジーは出場決定。予選を勝ち上がった残る8カ国と合わせ、計20カ国が参加する。

開幕戦はプールAのフランス代表とニュージーランド代表。プールDに入った日本は9月10日(日本時間同日午後8時)にトゥールーズでアメリカ地区2位と初戦を戦う。

2戦目は9月17日(日本時間18日午前4時)にニースでイングランド代表、3戦目は9月28日(日本時間29日午前4時)にトゥールーズでサモア代表、4戦目は10月8日(日本時間同日午後8時)にナントでアルゼンチン代表と戦う。各試合とも1週間以上の間隔が空いており、コンディション調整はしやすい日程となっている。

準々決勝に進出した場合、プールDを1位で突破すれば10月15日(日本時間16日午前0時)にマルセイユでプールCの2位と対戦。プールDを2位通過の場合は10月14日(日本時間15日午前0時)にマルセイユでプールCの1位と対戦する。プールCはウェールズ、オーストラリア、フィジー、ヨーロッパ1位、最終予選勝者からなるグループだ。

さらに準決勝は10月20日(日本時間21日午前4時)と21日(日本時間22日午前4時)、3位決定戦は27日(日本時間28日午前4時)、決勝は28日(日本時間29日午前4時)にいずれもサンドニで行われる。

開幕から決勝まで2カ月近くの熱い戦い。日本は前回のベスト8以上に進出できるか。本番が待ち遠しい。

【関連記事】
【ラグビー】ウルグアイに快勝も…ジャパンがW杯8強以上進出に必要なものは?
【ラグビー】ジャパンの強みと弱み浮き彫り、辻雄康ら期待の選手も
ジャパンラグビーを進化させるリーグワンの激闘、2023年W杯への光明と課題

SPAIA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加