飛び込み 西田も滑り込み五輪切符「絶対行くという思いで練習してきた」

飛び込み 西田も滑り込み五輪切符「絶対行くという思いで練習してきた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

男子高飛び込み予選4本目、西田玲雄の演技

「飛び込み・W杯」(3日、東京アクアティクスセンター)

東京五輪最終予選を兼ねて行われ、女子板飛び込み準決勝で榎本遼香(24)=栃木県スポーツ協会=が291・60点で6位となり、東京五輪代表に内定した。「準決勝18位以内」の条件を満たした。既に代表入りが決まっていた三上紗也可(20)=日体大=は294・60点の5位で、ともに4日の決勝に進んだ。男子高飛び込み準決勝で、予選18位の西田玲雄(20)=大阪水泳学校=は17位で、14歳の玉井陸斗(JSS宝塚)とともに内定した。

予選最後の6回目。難易率3・6の大技『6245D(逆立ち後宙返り2回2回半ひねり)』をしっかり決めた西田が予選18位で準決勝に進み、滑り込みで五輪の切符をつかみとった。「準決勝に絶対行くという思いでずっと練習してきた。よかった」と息をついた。

同じ高飛び込みを専門とする新星・玉井の飛躍は著しいが「自分の中で何点取れたらいいと決めているので、あまり陸斗の演技どうこうはない。気持ちを高ぶらせて跳んでもいいことないので」と冷静に。「いつか勝てたらいい」と足元を見つめ鍛錬している。

準決勝では2回目以降ミスが続き、17位。「悔しい気持ちはある。思う演技ができるようにしたい」と今後を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加