車なしで行ける沖縄の人気観光スポット10選!

車なしで行ける沖縄の人気観光スポット10選!

  • トリップノート
  • 更新日:2023/11/21
No image

沖縄観光は車なしでも大丈夫!首里城に国際通り、美ら海水族館に美浜アメリカンビレッジなど、都市モノレール「ゆいレール」やバスでもアクセスしやすい、沖縄の人気観光スポットをご紹介します。

はじめに:沖縄の公共交通事情について

No image

沖縄県内は電車が走っておらず、利用できる公共交通手段は都市モノレール「ゆいレール」と、路線バスをはじめとするバスのみとなります。

ゆいレールの路線は那覇市の那覇空港駅〜浦添市のてだこ浦西駅までで、主に那覇市内の観光スポットを巡る際に利用できます。那覇市外の観光スポットを訪れる場合は、路線バスや高速バスなどを利用しましょう。なお沖縄は交通渋滞が発生することが多く、バスが遅延することも多いので時間にゆとりを持って利用するようにしてください。

それではゆいレール、バスでアクセスしやすい沖縄の人気観光スポットを以下にご紹介します。

ゆいレールでアクセスできるおすすめ観光スポット

1.首里城

No image

photo by RUさん

琉球王国の国王ファミリーの居住地「王宮」で、王国統治の行政機関「首里王府」の本部でもあった場所。昭和20年(1945年)の沖縄戦で全焼しましたが、平成4年(1992年)に復元され、平成12年(2000年)には「琉球王国のグスク及び関連道産群」のひとつとして世界遺産に登録されました。標高120メートル~130メートルの小高い丘に広がり、「西のアザナ」からは慶良間諸島までを見渡す景色を楽しむことができます。

No image

photo by RUさん

なお2019年10月31日に発生した火災により、正殿をはじめとする主要な施設が焼失しました。2026年の完成を目指して復興工事が進められており、一般の観光客も専用デッキからその工事の様子を見学できます。

アクセス方法

ゆいレール「首里駅」から、守礼門までは徒歩15分ほど。あるいは「首里駅前」バス停から路線バスに乗車し「首里城前」バス停で下車すれば、徒歩1分ほどで守礼門にたどり着くことができます。

◆関連記事◆
週末弾丸トリップ!1泊2日沖縄本島を遊び尽くすモデルプラン

【スポット情報】

首里城

2.壺屋やちむん通り

No image

photo by ym_さん

1682年に琉球王府の政策で、各地に散らばっていた窯場を「壺屋」に統合したのがはじまり。約400mの石畳の通り沿いには、窯元やショップ、カフェなど50店ほどが軒を連ねています。

No image

photo by たかさまんさん

器やシーサーづくり体験ができる工房もあるので、旅の記念にぜひ訪れたい通りです。

アクセス方法

ゆいレール「牧志駅」から徒歩8分でたどり着けます。

◆関連記事◆
那覇市の人気観光スポットTOP15!旅行好きが行っている観光地ランキング

【スポット情報】

壺屋やちむん通り

3.那覇市第一牧志公設市場

No image

1951年に開設された沖縄県で最大規模の市場で、“那覇の台所”として長年親しまれてきました。沖縄ならではの食材やスイーツを扱うショップが所狭しと並んでおり、また飲食店も豊富なことから、地元の人はもちろん、観光客からも人気を集めています。

No image

photo by よっすぃさん

なお市場の老朽化に伴って施設の建て替えを行い、2023年3月にリニューアルオープン!1階には精肉・鮮魚・野菜などを扱うお店が並び、2階は飲食店フロアとなっています。1階で購入した食材を2階の飲食店で調理してもらうサービスもあるので、気になる食材を見つけたらぜひ挑戦してみて。

アクセス方法

ゆいレール「牧志駅」から徒歩9分、あるいは「美栄橋駅」から徒歩10分でたどり着けます。

◆関連記事◆
那覇市の人気観光スポットTOP15!旅行好きが行っている観光地ランキング

【スポット情報】

那覇市第一牧志公設市場

4.波上宮

No image

photo by 旅するおじさんさん

那覇の国際通りから徒歩20分ほど、海水浴場としても人気の「波の上ビーチ」にある神社です。「琉球八社」の中でも、最も格式が高いとされる「琉球国新一の宮」に認定されており、岩の上に鎮座するその様子はインスタ映えするパワースポットとしても人気です。

No image

photo by ぽぽい子さん

創始年は不詳ですが、元々は沖縄では古来より海神の国「ニライカナイ」の神々に、日々穏やかな天候と豊漁・豊穣に恵まれた生活になるよう祈る風習があり、その祈りの聖地の1つがこの崖だったと言われているそうです。海を望む絶景の中で参拝ができるほか、狛犬がシーサーになっているなど、沖縄らしいさを味わえるのも魅力です。

アクセス方法

ゆいレール「旭橋駅」から徒歩15分。あるいはゆいレール「県庁前駅」近くの「パレットくもじ前」バス停から2・5・15・45系統バスに乗車し「西武門」で下車、徒歩約3分です。

【スポット情報】

波上宮

5.国際通り

No image

photo by もやっしーさん

県庁北口交差点から安里三叉路にかけて約1.6km続くストリートで、戦後目覚ましい発展を遂げたことと、ほぼ1マイルの距離であることから”奇跡の1マイル”と呼ばれていました。

No image

photo by シャキッとれたすぅさん

現在は沖縄最大の繁華街となっており、お土産さがしには事欠かないショッピングストリート。飲食店も充実しており、また周辺の脇道にも様々なショップが並び、沖縄観光で外せないスポットです。

アクセス方法

国際通りはゆいレールの「県庁前駅」から徒歩5分ほどで歩けば、通りの西側から国際通りに入ることができます。あるいは「牧志駅」からであれば、通りの東側から国際通りに入れます。

◆関連記事◆
那覇市の人気観光スポットTOP15!旅行好きが行っている観光地ランキング

【スポット情報】

国際通り

バスでアクセスできるおすすめ観光スポット

6.沖縄美ら海水族館

No image

photo by mippi2047さん

年間約300万人もの人が訪れる入場者数日本一の水族館で、那覇空港から車で約2時間ほどの北部に位置しています。一番の目玉であるジンベエザメは、世界最長飼育記録を更新中!そのほか、大小77もの水槽で沖縄の海に生息するさまざまな生物を観察することができます。

No image

photo by sidさん

水族館の外にある、イルカショーが観られる「オキちゃん劇場」や「ウミガメ館」、「マナティー館」は入場無料で楽しむことができるので、時間に余裕がない場合は無料ゾーンだけ鑑賞するのもおすすめです。

アクセス方法

那覇空港から:空港直行便で2時間半〜3時間前後

最寄りのバス停は「記念公園前」で、記念公園前から水族館までは徒歩10分ほどかかります。

◆関連記事◆
【2023最新】全国の人気水族館TOP33!旅行好きが行っている水族館ランキング
【沖縄美ら海水族館】のチケットは買わなくてOK!イルカショーはなぜ無料?

【スポット情報】

沖縄美ら海水族館

7.美浜アメリカンビレッジ

No image

photo by うどん0302さん

すぐ横にビーチが広がる、アメリカの雰囲気が漂うリゾートタウン「美浜アメリカンビレッジ」。東京ドーム約5個分の広大な敷地には、レストランやアパレルショップ、お土産屋さんなどが入る複数の商業施設やアミューズメント施設にホテルまで、様々な施設が集結しています。

No image

photo by Kingdom YJCさん

海沿いにはボードウォークもあり、カラフルな街並みは歩くだけでも楽しめます。夜には各店舗のネオンサインや照明が輝き、フォトスポットとしてもおすすめです。

アクセス方法

那覇空港から:120番「名護西空港線」で約60分

那覇バスターミナルから:28番「読谷楚辺線」で約50分〜、29番「読谷喜名線」で約60分〜

いずれも最寄りのバス停は「桑江」バス停で、バス停からアメリカンビレッジまでは徒歩3分ほどです。

◆関連記事◆
【2023】沖縄の人気観光スポットTOP52!旅行好きが行っている観光地ランキング

【スポット情報】

美浜アメリカンビレッジ

8.おきなわワールド

No image

photo by skelligさん

東京ドーム4個分にも及ぶ広大な敷地には、約30万年かけてできた全長約5kmの鍾乳洞(890mを公開)「玉泉洞」や、ハブの知られざる秘密がわかる世界唯一の「ハブ博物公園」、築100年以上の古民家を移築し昔の沖縄の街並みを再現した「琉球王国城下町」など様々な施設があります。

No image

photo by えりえりをさん

「琉球王国城下町」にある家屋では、伝統工芸の体験教室も行なっており、旅の記念に工芸体験をしてみるのもおすすめ。

アクセス方法

那覇空港から:83番「玉泉洞線」で約60分

那覇バスターミナルから:54番「前川線」あるいは83番「玉泉洞線」で約50分〜

いずれの場合も「玉泉洞前」バス停で下車し、入り口までは徒歩2分ほどです。

◆関連記事◆
【2023】沖縄の人気観光スポットTOP52!旅行好きが行っている観光地ランキング
週末弾丸トリップ!1泊2日沖縄本島を遊び尽くすモデルプラン

【スポット情報】

おきなわワールド

9.琉球村

No image

photo by うどん0302さん

”伝えたいむかし沖縄”をコンセプトに、築100年前後の古民家を移築し昔ながらの沖縄を再現したテーマパークです。

No image

photo by ___risaさん

ゆっくりした時間が流れる園内では、エイサーなどの沖縄芸能を楽しめるほか、体験メニューが多くあります。とくに色あざやかな紅型(びんがた)衣装の着付け体験が人気。その他シーサーの色付けやサーターアンダギーづくりなど様々な体験ができます。

アクセス方法

那覇空港から:120番「名護西空港線」で約90分〜

「琉球村」バス停で下車し、入り口までは徒歩1分ほどです。

◆関連記事◆
【2023】沖縄の人気観光スポットTOP52!旅行好きが行っている観光地ランキング

【スポット情報】

琉球村

10.瀬長島ウミカジテラス

No image

那覇空港から一番近い離島「瀬長島」に、2015年にオープンした商業施設。丘の斜面を活かした場所に建つ白亜の建物は、まるで地中海リゾートのようといっても大げさではない美しい景観で、インスタ映え間違いなし!

No image

photo by あおぽるさん

施設内には、青い海を目の前にして食事ができるレストランや、Made in Okinawaの素敵な商品が並ぶショップがあり、リゾート気分を存分に堪能できます。

アクセス方法

那覇空港から:TK04瀬長島エアポートリムジンあるいはTK02ウミカジライナーで20分前後

国際通り入り口から:TK02ウミカジライナーで30分前後

いずれも「瀬長島ホテル(ウミカジテラス)」で下車します。

◆関連記事◆
沖縄本島の穴場!?南部のおすすめスポット5選!
インスタ映えで女子旅にぴったり!国内のおしゃれな観光スポット15選

【スポット情報】

瀬長島ウミカジテラス

トリップノート編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加