上白石萌歌が「教場II」に参加。199期の三浦貴大、佐久間由衣、嘉島陸も登場!

上白石萌歌が「教場II」に参加。199期の三浦貴大、佐久間由衣、嘉島陸も登場!

  • TVガイド
  • 更新日:2020/11/21
No image

上白石萌歌が、フジテレビ系で2021年1月3・4日の2夜連続で放送する「教場Ⅱ」(午後9:00)に出演することが分かった。本作は、長岡弘樹氏の「教場」シリーズを原作に、木村が他を寄せ付けることすら許さないすごみのある立ち居振る舞いで、生徒たちを恐怖に震え上がらせる、冷酷無比で“最恐”の神奈川県警察学校の教官・風間公親を演じるドラマの第2弾。

上白石が演じる199期の生徒・石上史穂は、今年1月に放送された「教場」のラストに登場。199期では休学をしており、風間の200期の生徒として復学する。史穂は、1年前に199期の生徒たちの中で起きたある出来事をきっかけに休学するように。それに関係しているのが、浦美慶介(三浦貴大)、佐久野みゆ(佐久間由衣)、小嘉竜一(嘉島陸)の3人だ。史穂が佐久野に苦手な勉強を教えてあげたり、一方で成績優秀な浦美には試験の問題を出してあげたりと、切磋琢磨(せっさたくま)する199期の生徒たちの間で何が起きたのか?

No image

さらに、小日向文世、佐藤仁美、和田正人、高橋ひとみらベテラン俳優陣が前作から続投。小日向は神奈川県警察学校の学校長・四方田秀雄、佐藤は風間教場の副教官で座学を担当する服部京子、和田は風間教場の副教官で術科を担当する須賀太一、高橋は神奈川県警察学校で事務員を務める小野春江をそれぞれ演じる。

上白石は「前回のラストのワンシーンに出演させていただいて、見られた方の中には、“ん?”と疑問に思われた方もいると思います。でも今回は私たちの199期ではなく、さらに先の200期の物語ということで、たっぷり『教場』の現場を過ごせることがすごく楽しみです」と喜ぶ。

前作に参加し「すごく驚いたのは、あのワンシーンの一瞬のために、ものすごい時間をかけて撮影したことですね。1日で所作訓練も撮影もすべてを詰め込んで撮影したのですが、それが凝縮されて、緊迫感のある、あのラストシーンが生まれたので、本当にうそがない作品だと思いました」と振り返り、さらに今作の台本を読んでみて「警察学校って、なかなかイメージのつかない場所ですが、警察官の方は街を歩いていたらたくさんお見かけするので、ものすごく厳かで、完璧な人という印象を抱いていました。でもそういう方たちも、最初から完璧な人間ではなく、そこに至るまでに悩みや葛藤、屈折があったり、一人一人人間らしい部分がある。そういった人の心理や心の動きを細かい部分までくみ取っている作品だなと感じました」と感想を語っている。

木村の印象については「カメラが回っている間は、木村さんという要素は一つもなく、風間教官でしかないという印象です。“カメラが回っていない時も、常に風間教官なのかな?”と思っていたんですが、実はすごくチャーミングな方」と明かし、クランクインの日には「少し緊張していたら、無言で大きいカマキリを背中に付けられたんです。まだその時は風間教官の印象が強かったので、すごくびっくりしたんですが、撮影が進むにつれて気さくに話しかけてくださったり、緊張をほぐしていただいたりして、木村さんとしての一面が垣間見えるたびに魅力的な方だなと思います」と意外な一面に驚いている。

そして、放送に向けては「私と同じように、テレビの前でかじりつくようにこの作品を見ていらっしゃった皆さんに、『教場Ⅱ』も同じように愛していただけるように、全身全霊で頑張って行きたいと思います。テレビって日常の中の一つの娯楽で、特に今はSNSなどほかにも生活の中でやることがたくさんあるなかで、テレビだけをずっと見ることってなかなか難しいと思うんです。でも、前回の『教場Ⅱ』は、すべての動きを止めて、ずっと見させてしまう力があったので、そんな作品をまたこのメンバーで作れたらと思っています!」と意気込んでいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加