「市原悦子さんの声が聞こえてきそう」まんが日本昔ばなしの世界みたい!?雪の白川郷、幻想的な写真が話題

「市原悦子さんの声が聞こえてきそう」まんが日本昔ばなしの世界みたい!?雪の白川郷、幻想的な写真が話題

  • まいどなニュース
  • 更新日:2022/01/15
No image

「雪の白川郷が日本昔ばなしにでてきそうな雰囲気でした」とツイートしたのはKenKenさん(@KenKenPhoto)。そこには岐阜県大野郡白川村の荻町地区にある白川郷の幻想的な風景が写っていて、国内外から称賛の声が。なかには、まんが日本昔ばなしのナレーションをした「常田富士男さんと市原悦子さんの声が聞こえてくる様ですね」というリプライもありました。

【写真】心が洗われる…合掌造りの古民家が鏡面のような水面に映る

「ジオラマのようですね。現実のものと思えない」
「ずっと見てると吸い込まれます」
「この原風景を守りたい」
「絵のような写真があったり、写真のような絵があったり。もう何が真実かわかんねぇ」
「和製クリスマスマーケット!めっちゃ素敵」

撮影者に撮影秘話や白川郷の魅力について話を聞ききました。

ーーこちらの写真はいつ撮影されたのでしょうか。

「2022年1月5日18時前です」

ーー白川郷全体を見下ろすアングルになっていますが、どこから撮ったのですか。

「集落から徒歩でも行ける場所にある荻町城跡展望台から撮影しました。すぐ横に駐車場もあるので、車で上がれます」

ーー夜になるとライトアップされるのですか?

「この時期、週末はライトアップされるようですが、この日はライトアップされているわけではなくて、通常の状態です」

ーー撮影するのに苦労されたことはありますか。

「完全に真っ暗になってから撮影すると、暗い部分が暗くなりすぎて、コントラストが強くなりすぎてしまうので、真っ暗になる少し前に撮影しました。ベストの明るさが分からなかったので、もっと明るい時間からたくさん写真を撮って、そのなかから一番バランスのよい写真を選びました」

ーー白川郷の魅力を教えてください。

「昔話に出てくるような築数百年にもなる茅葺の合掌造りの家々がたくさん残っていて美しい。特に雪の季節はおすすめです。そして、その家々を一望できる展望台があるので、特に写真撮影するにはたまらなく魅力的です。今回、合掌造りの宿の一つに宿泊したのですが、貴重な体験をすることができました。料理もうまかったです!」

◇ ◇

実際に宿泊することができるおとぎ話の世界。一度は足を運んでみたいですね。富山県の五箇山にも似たような美しい風景が広がっているそうです。はしごするのもおすすめですね。

(まいどなニュース特約・渡辺 陽)

まいどなニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加