巨人・吉川尚の適時打に田尾氏「一発で仕留めるのが好調なバッター」

巨人・吉川尚の適時打に田尾氏「一発で仕留めるのが好調なバッター」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/09/15
No image

巨人・吉川尚輝

○ 巨人 6 - 3 阪神 ●
<14回戦・東京ドーム>

試合前まで9月の月間打率.462(39-18)の巨人・吉川尚輝が、2回の第1打席に適時打を放った。

吉川尚は0-1の2回二死一、三塁から阪神の先発・高橋遥人の真ん中に入ったスライダーをセンター前に弾き返す適時打。15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた田尾安志氏は「甘いボールですけど、一発で仕留めるのが好調なバッターですね」と評価。

また、田尾氏は9月に入り打撃好調が続く吉川尚について「インサイドのきわどい球でも腕を縮めて、カツンと大きいのを打てたりしますので、ヒットゾーンはいろいろありますよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加