【パンパース × PayPay】10、11月のおむつは「パンパース」PayPay払いで最大30%還元に クーポン併用でよりお得

【パンパース × PayPay】10、11月のおむつは「パンパース」PayPay払いで最大30%還元に クーポン併用でよりお得

  • マネーの達人
  • 更新日:2021/10/14

9月は、「花王メリーズ × PayPay」を実施していましたが、今月は「パンパース」がお得です。

10月~11月末まで、パンパースをPayPayで購入すると、30%のPayPayボーナスが戻ってきます。

No image

10月・11月のおむつ代は、「パンパース×PayPay」で節約しましょう。

11/30まで パンパースをPayPayで買うと最大30%戻ってくる!

No image

≪画像元:Yahoo!ズバトク

パンパースをPayPayで購入すると、最大30%分のPayPayボーナスがもらえます。

開催期間は、10月1日(金)~11月30日(火)まで。

2か月続く、ロングランキャンペーンです。

最近は、こういったおむつ代を節約できるキャンペーンが増えたので、小さなお子さんがい方はぜひ活用しましょう。

ただし、キャンペーンに参加できるのは、期間中1回限りです。

PayPayボーナス還元の条件を満たすには、まとめ買いが必須となります。

おしりふきを除くパンパース製品が対象

No image

≪画像元:Yahoo!ズバトク

対象商品は、おしりふき以外の『パンパース製品すべて』です。

おむつは、サイズ・テープ・パンツ関係なく、最大20~30%還元となります。

付与上限と還元率

キャンペーンの付与上限は、3,500円相当まで。

購入金額によって、還元率が異なります。

税込2,000円以上:最大20%還元

税込み6,000円以上:最大30%還元(約1万1,667円分購入で3,500円分還元)

還元率10%の差は大きいので、6,000円分以上購入した方が断然お得です。

付与上限3,500円分のPayPayボーナスを獲得するには、約1万1,667円分のおむつ購入がボーダーライン。

おむつ1パック1,500円程度としても、まとめ買いは避けられません。

おむつは保管場所にも困るので、おむつがなくなったタイミングで、1~2か月分まとめて購入がよさそうです。

対象店舗

「パンパース × PayPay」のキャンペーンは、全国の販売店が対象です。

対象店舗はたくさんありますが、行きつけのお店が必ず対象とは限りませんので、購入前に確認しておきましょう。

対象店舗を一部紹介します。

・ ウエルシアホールディングス株式会社

ウエルシア、ウエルシア薬局、金光薬品、ハックドラッグ、ハッピードラッグなど

・ キリン堂

・ アカチャンホンポ

・ 株式会社アオキ(クスリのアオキスーパーまるも、スーパーアオキ、フクヤ)

・ 株式会社ココカラファイン(くすりセイジョー、ココカラファイン、セガミ薬局など)

・ 株式会社サンドラッグ(サンドラッグ、ドラッグトップス、ビッグドラッグ)

・ スギホールディングス株式会社(スギ薬局、スギドラッグ、ドラッグスギ、ジャパン)

・ 株式会社ツルハホールディングス(ウォンツ、くすりのレディ、ツルハドラッグ、杏林堂薬局など)

・ 日本トイザらス株式会社(トイザらス、ベビーザらス)

・ 株式会社富士薬品(アメリカンドラッグ、シバタ薬局、ドラッグコスモ21など)

・ 株式会社マツモトキヨシ(マツモトキヨシ、ダルマ、シメノドラッグ、ミドリ薬局など)

・ 株式会社薬王堂

※上記の対象店舗は一部です

クーポンの併用でさらにお得!

メリーズの時と同じく「パンパース × PayPay」はクーポンも取り扱い方が店舗によって異なります。

No image

≪画像元:Yahoo!ズバトク

筆者のおすすめは、「クーポン利用前」の金額を付与対象としている店舗。

具体的に名前を上げると、スギ薬局、ツルハドラッグ、トイザらス、マツモトキヨシ、サンドラッグなどです。

ただし、ドラッグストアの場合、クーポンを「ベビー用品対象外」としています。

筆者が普段買い物をする中で、唯一おむつが割引で購入できたのが「スギ薬局」。

No image

レシート、チラシ、アプリで配信している「15%OFFクーポン」は、値段の高いおむつにも使えます。

スギ薬局でクーポンを使い、キャンペーンに参加すれば、割引前の金額が6,000円を超えていればOKなので、お得に購入できます。

ウエル活と併用するのもアリ

ウエルシアで毎月20日に開催している「お客様感謝デー」は、Tポイントが1.5倍分の買い物ができます。

通称「ウエル活」として、普段利用している方も少なくないでしょう。

ウエル活をしている方は、20日におむつをまとめ買いするのも良さそうです。

4,000円分のTポイントがあれば、6,000円分の買い物ができますし、PayPayボーナスももちろん30%相当戻ってきます。

「パンパース × PayPay」で2か月分のおむつ代を節約!

筆者にも1歳の子どもがいますが、1か月に使うのは多くても3~4パック程度。

そのため、今回は2か月分まとめて購入しました。

1回の出費はかさみますが、必ず消費するものなので買って損はありません。

ただし、子どもの成長は早いので、サイズには要注意です。

そろそろサイズが変わりそうなときは、無理をしてまとめ買いしない方が良いさそうです。

お子さんの成長を見つつ、「パンパース×PayPay」を利用した、おむつのまとめ買いも検討してみてください。(執筆者:全方位型節約主婦 三木 千奈)

三木 千奈

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加