TLデビューでトライ&アシストのペレナラ 田中史に日本語で「家族どうや?」

TLデビューでトライ&アシストのペレナラ 田中史に日本語で「家族どうや?」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

◇ラグビートップリーグ第1節 NTTドコモ(勝ち点4) 26―24 キヤノン(勝ち点1)(2021年2月21日 Gスタ)

No image

<キャノン・NTTドコモ>後半、キャノン・田村(下)、田中(左)と激しいプレーを見せるNTTドコモ・ペレナラ(撮影・小海途 良幹)

ニュージーランド代表SHのTJ・ペレナラが、トップリーグデビュー戦でNTTドコモを勝利に導いた。チームがボールをキープできるようになった後半、速い仕掛けで攻撃のテンポをアップ。18分にオフロードパスを受けて右中間へ14―13と迫るトライを決めると、27分には敵陣で得たPKで速攻を仕掛け、18―17とするフランカー李の逆転トライにつなげた。

ニュージーランド代表オールブラックスでは、試合前の「ハカ」をリードする役割を務めて世界的にも有名。逆転勝ちに「後半はやるべきことが明確になって、いい形ができたと思う」と振り返り、トライについては「9番(SH)はボールのそばにいるのが鉄則なので、それをやっただけ」、速攻は「ラックをつくって攻めるのが難しいと思ったので、クイックタップで攻めた」と説明した。

この日は「気が向いたので、思いつきでやった」という銀髪でプレー。試合中にはキヤノンの日本代表SH田中史朗と会話をする場面もあった。スーパーラグビーなどで元々面識があったと言い、「今は日本語を勉強しているので、家族はどうや? 出身はどこか?と聞いた」と明かして笑わせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加