浦沢直樹、デノンサウンドを“描く”。完全ワイヤレスのイメージビジュアルが10/15より掲出

浦沢直樹、デノンサウンドを“描く”。完全ワイヤレスのイメージビジュアルが10/15より掲出

  • PHILE WEB
  • 更新日:2021/10/14

デノンは、漫画家・浦沢直樹氏を起用したキャンペーン「浦沢直樹、音を描く。」の実施を発表。第1弾を10月15日より開始する。

No image

「浦沢直樹、音を描く。」第1弾が10/15よりスタート

『YAWARA!』『20世紀少年』などの著作で知られる浦沢直樹氏が、デノンのプロダクトを実際に使用し、そのサウンドから得られたインスピレーションをもとにビジュアルを描き下ろすというキャンペーン。

第1弾として、10月15日から発売するブランド初の完全ワイヤレス「AH-C830NCW/630W」のキャンペーンビジュアルを制作。製品展示店の店頭で展開されるのに加え、スペシャルサイトでも見ることができる。

No image

デノン初の完全ワイヤレス「AH-C830NCW」「AH-C630W」が対象

2022年1月11日(火)までの期間中に同製品を購入し、応募することで本ビジュアルを用いた特製コースター(非売品)がもらえるキャンペーンも開催。応募締め切りは2022年1月17日(月)23時59分で、応募者の中から2名には、抽選で浦沢氏のサイン入りポスターがプレゼントされる。

No image

期間中の製品購入でステッカーがもらえる

また、デノンの公式Twitterをフォローし、対象ツイートをリツイートすると、AH-C830NCW/C630Wがそれぞれ4名に当たるフォロー&リツイートキャンペーンも開催される。各キャンペーンの詳細については特設ページを参照されたい。

編集部:杉山康介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加