池田エライザ「お届けできる日が楽しみ」、初監督作「夏、至るころ」12月に公開決定

池田エライザ「お届けできる日が楽しみ」、初監督作「夏、至るころ」12月に公開決定

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2020/09/17

池田エライザの初監督作「夏、至るころ」の公開日が12月4日に決定。ポスタービジュアルも完成した。

No image

「夏、至るころ」ポスタービジュアル

すべての画像を見る(全9件)

すでに中国の上海国際映画祭や、韓国の全州国際映画祭で上映された本作。日本公開にあたり、池田は「たくさんの方々のお力添えのもと、穏やかで希望が湧いてくる映画ができました。12月、世界がどうなっているかまだ想定はつきませんが、皆様にお届けできる日が楽しみです」と期待を込めている。

No image

福岡県田川市を舞台とした本作は、緑あふれる故郷で友情を育んできた高校生の翔と泰我が、夏祭りを前に人生と向き合い一歩を踏み出そうとする物語。翔を倉悠貴、泰我を石内呂依、不思議な少女・都をさいとうなりが演じ、安部賢一杉野希妃大塚まさじ高良健吾リリー・フランキー原日出子もキャストに名を連ねている。「ぼくは麻理のなか」「青と僕」の下田悠子が脚本を担当した。

「夏、至るころ」は12月4日より東京・WHITE CINE QUINTO、福岡のユナイテッド・シネマ キャナルシティ13ほか全国で順次公開。

池田エライザ コメント

無邪気に夢を抱くことが、難しくなってきている昨今。時間が過ぎるたびに正体不明の焦りを感じるこのご時世を生きる若者に、深く共感しながらも、何かささやかな手助けは出来ないだろうかと考え、この作品をつくりました。私は諦めてしまっていた青春を、素敵な役者陣が見せてくれました。生まれてはじめての感情に触れた瞬間に立ち会わせてもらえたことがなによりも幸せでした。この機会に感謝しています。たくさんの方々のお力添えのもと、穏やかで希望が湧いてくる映画ができました。12月、世界がどうなっているかまだ想定はつきませんが、皆様にお届けできる日が楽しみです。

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加