しばたあやめまつり!ハナショウブ見頃を迎える 現在の開花状況は8割【新潟・新発田市】

しばたあやめまつり!ハナショウブ見頃を迎える 現在の開花状況は8割【新潟・新発田市】

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2022/06/23
No image

NST新潟総合テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

最高気温が新潟市秋葉区で32.3℃になるなど、真夏日を観測した地点もあった県内。

気温の上昇に伴い、新発田市の五十公野公園では、カキツバタやハナショウブの開花が進んでいます。

【山中 麻央 アナウンサー】

「紫や白など色とりどりのハナショウブやカキツバタが一面に咲いています。今は日がさしていて先ほどまで降っていた雨に濡れた花びらが光り輝いています。よりはかない印象です」

300品種・60万本が植えられている五十公野公園。

6月15日からしばたあやめまつりが開催されていて、現在は8割ほどが開花し、見頃を迎えています。

訪れた人たちは、可憐に咲き誇るハナショウブなどを見て心を和ませていました。

【訪れた人】

「色が色々とあって、優しい色とかそういうのもあってすごくよかったと思う」

「花も生き生きとしているし種類もいっぱいあるので見応えがある」

「近くに住んでいるところにないものですから、こういうところに来ると気持ちが晴れやかになる」

しばたあやめまつりは6月26日まで開かれていて、期間中はライトアップも行われています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加