オラクルがイスラエルに初のクラウドセンター 攻撃や停電も想定

オラクルがイスラエルに初のクラウドセンター 攻撃や停電も想定

  • ロイター
  • 更新日:2021/10/14

[エルサレム 13日 ロイター] - 米ソフトウエア大手オラクルは13日、イスラエルに初のパブリック・クラウド・センターを開設した。同国では2つ目のセンター開設も予定している。これにより、企業などイスラエルの顧客が外国に依存せずデータを国内のサーバーに保管できるようになる。

No image

10月13日、米ソフトウエア大手オラクルは、イスラエルに初のパブリック・クラウド・センターを開設した。写真は13日にエルサレムで開催された発表会(2021年 ロイター/Steven Scheer)

センターはテロ攻撃対応を想定しており、地下9階に推定数億ドルの総工費をかけて建設された。停電に備え、自家発電装置も装備しているという。

同社のイスラエル部門マネジャー、エラン・ファイゲンバウム氏はロイターに、「この施設はロケット砲やミサイルの被弾、自動車爆弾にも耐えられる。恐ろしい出来事があったと顧客が知ることなくサービスを継続できる」と説明した。

オラクルのこうしたセンターは世界に30カ所あり、これまでイスラエルに最も近い施設はアラブ首長国連邦(UAE)のものとなっていた。

ファイゲンバウム氏は、イスラエルに2つ目のデータセンターを開設する計画があるほか、2022年末までに14のセンターをさらに開設する予定と述べた。イスラエルのハイテク企業からの需要増に対応するとともに、データを国内に確実に保管できるよう後方支援を目指すという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加