ローソン、約100kcalのパスタが爆誕 まさかの味わいにビックリ

ローソン、約100kcalのパスタが爆誕 まさかの味わいにビックリ

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/04/07

テイクアウトの弁当はどうしてもカロリーが高くなりがちで、ダイエットをしている人はなかなか手に取りづらい。

そんな中、ローソンから超低カロリーのパスタが発売された。

画像をもっと見る

■102kcalの冷凍パスタ

No image

それは、6日に発売された「ブロッコリーときのこのジェノベーゼ風」(税込298円)。ブロッコリー・ぶなしめじ・ベーコン・フジッリ(らせん状のパスタ)などの具材をジェノベーゼソースで味わう一品で、気になる熱量は驚愕の102kcal。

No image

一日の摂取カロリーの目安は、女性が1,400kcal、男性は2,000kcalが最低でも必要といわれていることから、このパスタのカロリーの低さが分かる。

関連記事:ローソン、「大盛り」を謳うパスタは本当に量が多いのか 実際に食べてみると…

■「のむヨーグルト」よりもカロリーが低い

No image

記者が驚かされたのは、同じ日に発売された「のむヨーグルト パイナップル」(税込140円)よりもカロリーが低いという事実。

No image

栄養成分表示を見ると116kcalで、「ブロッコリーときのこのジェノベーゼ風」のほうが12kcalも低い。

■バジルとにんにくの匂いがたまらない

美味しさを感じる感覚は人それぞれだが、記者は美味しさ=カロリーだと信じている。その観点からいうと102kcal、1食115グラムというのは物足りなさそうに思えるがはたして…。

No image

電子レンジで2分ほど温めると、バジルとにんにくが合わさった食欲をそそる匂いが広がる。具材はブロッコリーが多めに入っており、パスタという感じはあまりしない。

■あっさりとした味付けだがクセになる

No image

まずはブロッコリーとフジッリを一口食べると、芳醇なバジルの香りが鼻から抜ける。ほのかに効いたにんにくがちょうど良いアクセントとなっており、あっさり目の味付けだがクセになってしまう。正直、102kcalでここまでの美味しい味を実現していることに驚かされた。

ハイカロリー信者の記者もこの商品であれば、満足して食べられることを確信した。にんにくの香りも残らないため、朝食として食べても良いだろう。気になった人は一度食べてみることをオススメする。

・合わせて読みたい→衝撃の「超ギガ盛りミートソースパスタ」 レンジの温め時間からすでに別次元

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加