竹下幸之介が9・25後楽園でのKO-D無差別級選手権に向け王座獲り宣言「強い樋口和貞からベルトを獲ってAEWに持っていきたい」【DDT】

竹下幸之介が9・25後楽園でのKO-D無差別級選手権に向け王座獲り宣言「強い樋口和貞からベルトを獲ってAEWに持っていきたい」【DDT】

  • TOKYO HEADLINE
  • 更新日:2022/09/22
No image

DDTプロレスが9月22日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開き、25日の東京・後楽園ホール大会でKO-D無差別級王座(王者は樋口和貞)に挑む竹下幸之介が王座獲りを誓った。

竹下は「米国から一時帰国して約1カ月が経とうとしています。この一戦が区切りで、また10月から米国に戻ることになるので、今の竹下幸之介のプロレスをライブで体感してほしい気持ちがあります。自分は何度もKO-D無差別級のタイトルは巻いてますが、自分から遠藤哲哉にいって、遠藤哲哉から樋口和貞。新時代が幕開けしてるような気がするんです。チャンピオンが移り変わっているんですけど、試合を見るかぎりは新しい風は吹いてないんじゃないかと、タイトルマッチを見て感じました。僕と樋口の戦いでDDT、もっと言うなら日本のマット界の新時代が始まる、そんな一戦にしたいと思っています。今の樋口は本当に強いと思う。だからこそ、その樋口からベルトを獲って、AEWにKO-D無差別級のベルトを持っていきたい。樋口、どっちが強いか決めよう!」と力強く王座獲りを口にした。

No image

樋口は「個人的にはそういうゴチャゴチャしたことは気にせず、米国に行ってデカくなってきた竹下幸之介と、このタイミングで勝負をして、その勝負をこのベルトをかけてやるというのが意味があるのかなと思ってます。自分はそういう勝負だと思ってます」と話した。

「新しい風が吹いていない」との発言について、竹下は「僕と樋口との戦いのなかには、プロレスの概念というか、定義というか、こうあるべきみたいなものが僕たちの前哨戦では打ち壊されていってるような気はしてます。ですので、タイトルマッチ、もっと言うなら、KO-D無差別級選手権の歴史のなかで、今までにないような試合をしたいというか、できるだろうなと思ってます。それは米国から一時帰国したタイミングもあるし、樋口も何か殻を打ち破り、さらに殻を打ち破ろうとしてるタイミングだと思うので、今の僕たちならできると思います」と述べた。

樋口が敗れるとなると、ベルトは海を渡ってしまうが、樋口は「このベルトが海外に行こうとも、DDTにとどまろうとも、それはそれで、それが新しい形だと思ってます。自分は単純にこの勝負、勝敗でこのベルトがどっちに行こうが構わないと思ってます」と発言。

No image

竹下がベルトを米国に持って行った場合、挑戦者の選定が気になるところだが「米国に行ったら分かるんですけど、DDTの米国での認知度ってそこまでまだないんです。だからKO-D無差別級チャンピオンという肩書が、あまりピンと来ないと思うんです。米国のファンも選手も。まずは僕がそれを持っていくことで、こういうベルトがあるんだと見せるところから始めないといけなくて。僕が向こうで実績を積むことで“竹下のベルトに挑戦したい”という選手がやっと出てくると思うので。そういう部分で、今、僕がその役目なのかなと。とにかくDDTを世界に届けるというのが僕の役割だと思ってるので。そのためにもベルトは米国に持っていきたい」とコメント。

「DDTで今までにない戦いができるというのは同じ気持ちか?」との問いに、樋口は「まあ同じ気持ちなのかな。DDTの歴史のなかで、自分のキャリアのなかですけど、竹下幸之介とシングルやった回数は意外と少ないんです。それは巡り合わせという部分でもあると思いますが、このタイミングで2人がリングに立つということは、そういうことになるんじゃないかという予感はあったりします」と語った。

また、DDTの10代プロジェクト「DDTeeeen!!」で活躍する14歳のエル・ユニコーンが高校受験の準備のため、しばらくの間、欠場することが発表された。10月1日の「池袋満月祭」(池袋西口公園野外劇場グローバルリングシアター)でのライバル、イルシオンとの一騎打ちが欠場前最後の試合となる。ユニコーンは「プロレスができないのは本当に悲しいですが、これもこの先進むプロレスラーとしての将来のためだと思い、頑張りたいと思います。イルシオンと戦えるのは本当にうれしいし、楽しみです!」とのコメントを残した。

hmotoyoshi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加