ゴファン4強 最後の1枠へ

ゴファン4強 最後の1枠へ

  • tennis365
  • 更新日:2017/11/18
No image

4強最後の1枠に滑り込んだティーム : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスの最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日、グループ・ピート サンプラスのシングルス予選ラウンドロビンが行われ、第7シードのD・ゴファン(ベルギー)が第4シードのD・ティーム(オーストリア)を6-4, 6-1のストレートで下し、2勝1敗で初の準決勝進出を果たした。

>>ATP最終戦 組み合わせ表<<

>>フェデラーvsゴファン 1ポイント速報<<

準決勝進出がかかった大一番、序盤で3ゲーム連取を許したゴファンだったが、長いラリー戦でポイントを重ね、ここから2度のブレークに成功して第1セットを先取する。

続く第2セット、ミスが目立つティームの隙きをついて第3ゲームで先にブレークに成功。その後も粘り強いストロークでポイントを先行してリードを守り、ベスト4最後の1枠に滑り込んだ。

世界ランク8位のゴファンは、今シーズン2大会でタイトルを獲得しており、ATPファイナルズには2年連続の出場。昨年は補欠で現地入りし、予選ラウンドロビンでG・モンフィス(フランス)が怪我により棄権したため、N・ジョコビッチ(セルビア)との1試合のみを戦った。

今大会の予選ラウンドロビン初戦では、第1シードのR・ナダル(スペイン)に勝利したが、続く第2試合では第6シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)に敗れていた。

18日に行われる準決勝では、第2シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する。

一方、敗れたティームはATPファイナルズに2年連続2度目の出場。予選ラウンドロビン初戦ではディミトロフに敗れたが、続く第2試合ではナダルが棄権したことによる繰り上がり出場のP・カレノ=ブスタ(スペイン)に勝利していた。

グループ・ピート サンプラスからはディミトロフとゴファンが準決勝進出となった。

同日には、ディミトロフとカレノ=ブスタの予選ラウンドロビンも行われる。

今大会のシングルスはグループ・ピート サンプラスとグループ・ボリス ベッカーに分かれ、各グループの4選手が総当り戦を行う。各グループの上位2名が決勝トーナメントへ進出し、1位通過者はもう一方のグループの2位通過者と準決勝で対戦する。

獲得ポイントは予選ラウンドロビンで1勝する毎に200ポイント、決勝進出で400ポイント、優勝すると500ポイント、最大で1,500ポイントを獲得する

【グループ・ピート サンプラス】
(1)R・ナダル 0勝1敗
(4)D・ティーム 1勝2敗
(6)G・ディミトロフ 2勝0敗
(7)D・ゴファン 2勝1敗
(補)P・カレノ=ブスタ 0勝1敗

【グループ・ボリス ベッカー】
(2)R・フェデラー 3勝0敗
(3)A・ズベレフ(ドイツ)1勝2敗
(5)M・チリッチ(クロアチア)0勝3敗
(8)J・ソック(アメリカ)2勝1敗

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ナダルアカデミーに寄贈
元女王、全豪のWC獲得
ジョコビッチとズベレフが謎のマシーンでトレーニング!?
インカレ室内 男子予選単複決勝
1位はフェデラー116位に敗戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加