大型バス スペースアローなど、電気配線不具合でリコール...走行不能となるおそれ

大型バス スペースアローなど、電気配線不具合でリコール...走行不能となるおそれ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/12/07
No image

改善箇所

UDトラックスは12月7日、日産ディーゼルの大型バス『スペースアロー』などの電気配線に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、日産ディーゼル『スペースアロー』『スペースウィング』『スペースランナー』、UDトラックス『スペースランナー』、三菱ふそう『エアロスターS』の5車種で、2005年5月19日~2010年8月20日に製造された2736台。

不具合箇所は発電機に接続されているワイヤーハーネス。電源ケーブルと信号線の固定方法が不適切なため、走行中の振動により信号線が損傷・断線することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、発電制御ができなくなり、発電機によるバッテリーの充電が行われず警告灯が点灯し、最悪の場合、走行不能になるおそれがある。

改善措置として、全車両、信号線を新品に交換のうえ再度配策し、結束バンドで固定する。

不具合は15件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
JR大宮駅近くのビルで火事 20代女性が意識不明
“内密出産”とは... 熊本の病院で導入検討
「マンホーラー」に聞くマンホール蓋の魅力とは?
想像以上にひどい“中高生の文章読解能力崩壊”もう日本語でも会話は通じない!!
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加