事故死したFWケンペスが12年に在籍 C大阪が追悼のコメントを発表

事故死したFWケンペスが12年に在籍 C大阪が追悼のコメントを発表

  • サッカーキング
  • 更新日:2016/11/30
No image

2012年にセレッソ大阪でプレーしていたケンペス [写真]=Kaz Photography/Getty Images

セレッソ大阪は30日、シャペコエンセ(ブラジル)の選手たちを乗せた飛行機が墜落した事故を受けて追悼のコメントを発表した。

今回の墜落事故の犠牲者となったシャペコエンセFWケンペスは、2012年にセレッソへ加入し1年間プレー。リーグ戦では27試合出場で7得点を挙げていた。

2012年に同クラブでキャプテンを務めたDF藤本康太は、「まずは嘘であって欲しいと思っていたし、言葉にするのが難しいです。外見は怖さがありましたが優しくて、真面目でチームのために自分を犠牲にできる選手でした。大阪ダービーでケンペス選手が得点して決めたのが一番頭に残っています。当時一緒にやっていた選手たちと心配していたしやりきれない気持ちです」と、その苦しい胸の内を明らかにした。

また、同クラブのアンバサダーを務める森島寛晃氏もクラブ公式HPでコメントを発表。「このたびは、同じサッカー人としてこのようなニュースを聞いて大変驚いています。選手をはじめチーム関係者、亡くなった方々に心よりお悔やみ申し上げます。また、セレッソでプレーをしていた同僚ケンペス選手もこのたびの事故にあったと聞き、攻撃的なセレッソ大阪のチームを本当に引っ張ってくれた選手だっただけに当時の活躍を改めて思い出されます。サッカー界でこれからまだまだ活躍される選手だっただけに本当に残念でなりません」と、哀悼の意を示している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
夢は弁護士や医者...一転してサッカー選手に。ムヒタリアンの運命変えた出来事とは?
MSN代役FWの絶不調具合
イニエスタ、クラシコ出場へ! 医師から完治通告、招集可能とバルサが発表
“ドイツ一の嫌われ者”から、ライバルも一目置く強豪へ――昇格1年目でのリーガ制覇も期待される首位ライプツィヒ
開始6分で2失点...インテルがナポリに完敗で連勝ならず、長友出番なし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加