最新の電動アシスト自転車は都心の激坂をどこまで軽快に登れるか?

最新の電動アシスト自転車は都心の激坂をどこまで軽快に登れるか?

  • @DIME
  • 更新日:2017/08/11

小型大容量化したバッテリー搭載の電動アシスト自転車(以下、電チャリ)が急増中! バッテリーが小型化してもスイスイ登れるか!? それを探るべく、編集部では都内有数の激坂で実地調査を実施した。その結果は!?

【調査を行なった激坂】

No image

都内有数の「岡本三丁目の激坂」。若さほとばしる体育会系学生でも斜度22%の前にうなだれる。

◎汗もかかずに激坂をスルスル攻略

ひと昔前の電チャリと言えば、アシストの便利さの反面、

「バッテリーがすぐなくなる」「バッテリーが重い」など、ネガティブな声も多く聞こえていた。しかし近頃は、技術の進歩に伴い、小型化したうえに容量もアップしたバッテリーが登場。しかし、大容量化したとはいえ、小型になった分、パワーが落ちてしまっているのでは? という疑問が残る……。そこで、都内でも有名な「岡本三丁目の激坂」で実走テストを行なった。

はじめに乗ったのが、パナソニックの『Jコンセプト BE-JELJ01』。ストップ&ゴーが得意な小径車ということもあって、走り出しはかなり軽快。斜度が急になった場面で、すかさずパワーモードをオンすると、まるで背中を押されているようにスルスルと上り切ってしまった。

次に試したクロスバイクタイプのヤマハ『PAS Brace』は、ホイール径が大きいので走破性は抜群! 強力なアシスト機能のほか、内装ギアも搭載するので、ギアを替えながら走行。こちらもあっという間に上り切った。

実は撮影のために何度となく上り下りを繰り返したが、汗もかかないほど。またどちらのモデルもバッテリーの減りがほとんどなく、改めて最新モデルのレベルの高さを思い知らされた。

デザインもシンプルで40歳を超えた自分でも違和感なく乗れる。普段乗りの自転車として、本気で購入を考えてしまった。

No image

自転車ライター

今 雄飛さん

普段から自転車&ランニングを楽しんではいるものの、身体が大きく体重もあるため、坂道は苦手。179cm、75kg。

No image

■〝和〟をイメージした小径モデル

No image

パナソニック『Jコンセプト BE-JELJ01』11万円

和のカラーリングをまとった大人向けのミニベロ。取り回しやすいコンパクトな車体に、小型・大容量のバッテリーをイン。乗り降りしやすいフレームは、街乗りに最適だ。
全長×全幅×サドル高:1570×590×745〜900mm

〈バランスが最適なセンターモーター〉

No image

自転車の中心にモーターを配置。重量バランスが良いので、シニアも安心して乗れる。

〈スタイリッシュな新軽量フレーム〉

No image

またぎやすさとデザイン性を両立させた「Wストレートアルミフレーム」。シニアにも最適。

〈表示が見やすく操作も簡単〉

No image

走行中、直感的にタッチして操作できる「らくらくスイッチ」。電池残量表示も見やすい。

■技術革新で小型大容量化!
パナソニック『リチウムイオンバッテリー NKY536B02』3万3000円

Jコンセプトに搭載される12.0Ahのバッテリー。サイズは、約W10.6×H23.3×D93cm。

〈大容量だから2個不要!〉

No image

1回の充電で50km以上の走行が可能。昔のように予備バッテリーを持つ必要はもうなし!

〈従来バッテリーとの比較〉

No image

左の従来バッテリーと比べると、容量は約35%アップし、サイズは22%ダウンした。

〈セル先進技術で小型大容量化〉

No image

密度の高いバッテリーセルを搭載。セルの数を大幅に減らすことで小型化した。

〈1充電あたりの走行距離〉

No image

電力消費を抑えたロングモードなら約91km走れる。通勤はもちろん、小旅行もできる。

Kon’s impression「小径なのにこんなに上るなんて!」
坂には不向きなはずの小径タイプだが、車重の軽さに加え、パワフルなアシスト力で、グイグイ上ってくれた。背中を押されて走る感覚!

No image

■本格走行を楽しむクロスバイク

No image

ヤマハ『PAS Brace』15万8000円

26インチホイールにフロントサスペンション、さらに最大90kmのアシスト走行が可能。フロントにディスクブレーキを搭載するなど、走りの機能だけではなく安全性も高い。
全長×全幅×サドル高:1760×580×810〜970mm

〈バックライトで夜間でも見やすい〉

No image

消費カロリーなども表示するスイッチ。切り替えボタンが大きく操作しやすい。

〈安全性を考えたブレーキ周り〉

No image

確実に止まるディスクブレーキを採用。クイックリリースを搭載しメンテ性も高い。

〈メンテフリーの内装ギア搭載〉

No image

斜度やスピードに合わせて変えられる8速の内装ギア。スポーティな走りも楽しめる。

■容量・耐久性に優れた最新型
ヤマハ『PASリチウムイオンバッテリー 15.4Ah』4万円

容量を20%もアップした15.4Ahの最新モデル。サイズはW8.8×H24.9×D14.6cm。

〈継ぎ足し充電しても無問題!〉

No image

継ぎ足し充電をしても、劣化しにくい。700~900回繰り返し使用ができるので経済的だ。

〈従来バッテリーとの比較〉

No image

従来の12.8Ahモデルと同じサイズで、15.4Ahに容量アップ! 重さが変わらないのも◎。

〈互換性のあるバッテリー〉

No image

給電部の接触面が同一規格のため、容量に関わらずヤマハのバッテリーは共用が可能だ。

〈1充電あたりの走行距離〉

4時間の充電で、オートエコモードで90kmの走行が可能。ロングライドにも対応する。

Kon’s impression「ギア+アシスト機能の走破性!」
元から走破性が高いバイクに、アシスト機能があるため、平地と変わらぬ感覚で上れた。サス付きだから、路面の凹凸も気にならない。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ニンテンドースイッチのJoy-Con、特許侵害で提訴。Gameviceが生産および販売停止と損害賠償を求める
【iOS 11】Touch IDを「素早く無効にできる機能」を搭載!何のために使うのかというと...
マグネットでピタッと貼り付け、縦横2.5cmの小型防犯カメラ
ホリエモン×ひろゆきが三木谷会長の動向に注目──「楽天」はどこに向かうの?
意外と知らない「Microsoft Edge」の便利な拡張機能6選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加