最新ランキングをチェックしよう
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか

ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか

  • Sportiva
  • 更新日:2017/10/22

プロ野球ではドラフト1位の選手が鳴り物入りで入団しながら、プロの厚い壁に跳ね返されることは珍しくない。しかし、2006年ドラフト1位(高校生選択会議)で東京ヤクルトスワローズ入りした増渕竜義は実力が足りなかったわけでも、選手生命にかかわる大きなケガに見舞われたわけでもなかった。プロ1年目に初勝利を挙げ、プロの壁を軽々と乗り越えたはずだった。 それでも、プロ9年間で157試合登板、15勝26敗29ホ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小平 銀の李相花に「リスペクトしているよ」“特別の友達”称え合う
デイリーvs小倉智昭氏 メダル予想の軌跡 通算2勝1敗3分け デイリーがリード
カーリング女子 カナダに完敗「みんなパニックになってしまった」
奨成19日実戦デビュー「失敗を恐れずに思い切ってやりたい」
清宮、中村、安田――注目の高卒ドラ1トリオの“本当の評価”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加