【投資のヒント】通期予想は据え置きながら上期が大きく上振れた銘柄は

【投資のヒント】通期予想は据え置きながら上期が大きく上振れた銘柄は

  • ZUU online
  • 更新日:2017/12/07

10月下旬からスタートした3月決算銘柄の中間決算発表も先月中旬に終わりましたが、日本経済新聞の集計によるとこの上期は2割を超す経常増益となったようです。そして上期がこのように大幅な増益となるなか、折り返しの中間決算ということもあって通期の業績予想を上方修正する企業も目立ちました。しかし、好決算となるなかでも通期の業績予想を据え置いた企業もみられます。

そこで今回は上期に営業利益の実績が会社予想を1割以上も上回りながら通期予想を据え置いた企業をTOPIX500採用の3月決算銘柄のなかからピックアップしてみました。

例えばオリエンタルランド <4661> では通期の営業利益を11%以上の減益予想で据え置きましたが、10%近い減益を見込んでいた上期の営業利益は16%余り上振れ5%を超す増益となっています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
インスタントメッセンジャー「AIM」が終了
仮想通貨を“掘り当てる”マイニングの極意とは?
「からくさホテル札幌」、来年1月22日オープン コネクティングルームを110室設置
酒屋配達員が見た! つぶれる飲食店の意外な特徴
日給2万5千円 広島県福山市の「副業」募集に応募殺到の理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加