最新ランキングをチェックしよう
【フレッシュ・ワロンヌ プレビュー】バルベルデ「僕がフィニッシュ手前で先頭に立った場合、そこから先は僕を倒すのは至難の業だろうね」

【フレッシュ・ワロンヌ プレビュー】バルベルデ「僕がフィニッシュ手前で先頭に立った場合、そこから先は僕を倒すのは至難の業だろうね」

  • J SPORTS
  • 更新日:2018/04/17

「クラシック」と呼ばれる自転車レースは、地球上にわずか1ダースほどしか存在しない。その選ばれし名門レースの中でも、最も厳しいフィニッシュ地形を有するのは、間違いなくフレッシュ・ワロンヌである!全長1.3km、平均勾配9.8%、最大勾配26%を誇る「ユイの壁」が、2018年の春も、脚自慢たちの挑戦を手ぐすね引いて待ち構える。
ただし侮ってはならぬ。今年の敵は、どうやら、ユイだけではない。たしかに19

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
加藤茶が緊急入院のウラで妻、大ハシャギ
『新しい地図』からまもなく1年 SMAP解散でもっとも損をしたメンバーは誰?
『義母と娘のブルース』ラストの謎演出に「感動がひっこんだ」
佐藤健や石原さとみだけじゃない!? “共演者キラー”といわれている芸能人4人!
安室奈美恵「ラストステージ」に『MAX』が来なかった理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加