阪神・メッセンジャー、負傷交代で病院直行 右足にはアイシング

阪神・メッセンジャー、負傷交代で病院直行 右足にはアイシング

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/11

(セ・リーグ、巨人5-2阪神、16回戦、巨人9勝7敗、10日、東京D)阪神のランディ・メッセンジャー投手(35)が負傷交代した。

2-2の七回に先頭・阿部の打球が右足に直撃。ベンチからトレーナーと通訳が走った。

その後、マウンドで足の動きを確認していたが、ベンチで治療することを選択。阪神ベンチは桑原に交代した。

チームトップの11勝をあげていたメッセジャーは試合途中にトレーナーに付き添われて、病院へ。球場の出口へと続く通路では左足だけで上り、タクシーに乗った。右足にはアイシングが施されていた。

No image

7回、巨人・阿部の打球が足に当たり、ベンチに戻る阪神・メッセンジャー=東京ドーム(撮影・山田喜貴)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
前橋育英・皆川149キロ 今大会最速に聖地沸いた
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
阪神・糸井、緊急昇格も 2試合連続打点で復調アピール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加