1軍登板なしのG沢村、現状維持 “はり治療問題”右肩負傷からの復活誓った

1軍登板なしのG沢村、現状維持 “はり治療問題”右肩負傷からの復活誓った

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/12/07

巨人・沢村拓一投手(29)が6日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸1億5000万円でサインした。下交渉の場で「自分としては1球も投げていない。年俸は下げていただいて構わない」と伝えたが、現状維持になったという。

2月に右肩の異常を訴え、1軍登板機会なしに終わった。9月には球団トレーナーのはり治療での施術ミスが故障の原因である可能性があるとして、球団から謝罪を受けていた。

発覚後はさまざまな憶測が飛び交ったが、自身としてはトレーナーを守りたい気持ちだったと強調し「はり治療は素晴らしい治療法。僕も今度、場合によってはトレーナーさんの力を借りると思う」と話した。

来季に復活をかける。「こういうけがをして、駄目になったと思われたくない。マシソン、カミネロがいるので、その前で監督が大丈夫だという成績を残し続けることが大事」と前を向いた。

No image

契約を更改し、会見に臨む巨人・沢村=大手町(撮影・山田俊介)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プロ野球「コーチの移籍ラッシュ」の裏側
球界大御所がエンゼルス大谷翔平に警鐘「二刀流無理。選手生命縮める」
【キヨシスタイル】大谷 登板間隔は中5日に?日本人が世界の野球を変える時代に
契約金2千万円が実は300万円。GG佐藤が明かす「プロ野球とお金」
「藤浪晋太郎がトレード要員」って本当?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加