最新ランキングをチェックしよう
インドの「TikTok禁止」で強まる、中国バイトダンスへの批判

インドの「TikTok禁止」で強まる、中国バイトダンスへの批判

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2019/04/21

インド政府は、グーグルとアップルに対し、人気の動画共有アプリ「TikTok」をアプリストアから削除するよう命じた。ポルノなど子供に有害なコンテンツが拡散することを防ぐためだという。アプリを運営する中国企業「バイトダンス」は、現地の下級裁判所によるアプリの販売停止命令に異議を申し立てていたが、最高裁がそれを退けた。TikTokはインドで2億4000万回以上ダウンロードされており、MAU(月間アクティ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ラブホ盗撮事件が多発...防止グッズはもはや必須化するのか?
クアッドコア1.3GHzプロセッサー搭載の16GBモデルが5980円!Amazonの新世代タブレット「Amazon Fire 7」
6,000円の新型「Amazon Fire 7」出た。しかも、Alexa対応! いいんですか、そんなに!
話題の超小型スピーカー「EWA A106(1999円)」を使ってみたらサイズを超えたサウンドが鳴ってビビった!
重いパソコンをキビキビにする基本チューニング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加