就活に役立ちそうだと思うアルバイト先TOP20

就活に役立ちそうだと思うアルバイト先TOP20

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/13

総合人材サービス、パーソルグループのインテリジェンスが運営するアルバイト求人情報サービス『an』が昨年、人事・採用担当者のための情報サイト『anレポート』にて、アルバイト経験およびアルバイト就業意向がある15歳から24歳の若者を対象に、就職活動に役立ちそうだと思うアルバイトブランドの調査を実施したところ、上位20社を業界別で見ると、テーマパーク、ホテル、コンビニといった、アルバイトの仕事では接客が中心になるブランドと、塾・予備校といった教育系のブランドが多く占める結果となった。

No image

■就職活動に役立ちそうな理由は「コミュニケーション能力が上がりそう」と「しっかりとしたイメージを与えられそう」

トップ20を業界で見ると、テーマパーク、ホテル、コンビニといった、アルバイトの仕事では接客が中心になるブランドと、塾・予備校といった教育系のブランドが多く占めた。anレポート調査による「2016年やってみたいアルバイトランキング」の結果と比較してみると、アニメや書店・音楽といった「○○が好きだから」という理由で選ばれる趣味系のアルバイト先がなくなり、ホテルと塾・予備校業界ブランドと「ユニクロ(6位)」が就職に強そうなアルバイトとしてランクインしている格好だ。

No image

回答者のフリーコメントを見ていくと、就職活動に役立ちそうだと思う理由は大きく2つに分かれていた。それは、「コミュニケーション能力が上がりそうだから」と「しっかりとしたイメージを与えられそうだから」で、いずれも就職活動の「面接シーン」を想定していると考えられる。

「コミュニケーション能力が上がりそう」だと考えられるブランド第1位は、「東京ディズニーランド」となり、2位「スターバックスコーヒー」、3位「セブン-イレブン」と続いた。6位の「ユニクロ」まで、共通して「接客の要求レベルが高い」「教育・研修がしっかりしている」というイメージが持たれているようだ。さらに、4位の「帝国ホテル」をはじめとしたホテル業界では、「お客様への正しい言葉づかいや対応方法が学べそう」といったイメージも強く持たれている。

一方、「しっかりとしたイメージを与えられそう」だと考えられているものでは、7位「家庭教師のトライ」をはじめとした塾・予備校業界のアルバイトが挙げられる。これらのアルバイトは、主に「学力が高い」「勉強をしっかりしてきた」イメージを面接官にアピールできるのではないかと考えられているほか、指導することで培われた力が役に立ちそうだと見られている。ほかのアルバイト先として挙げられるのは、8位「JR東日本」と13位「郵便局」で、これらは「安定感のある大手企業」のイメージがあるため、そこでアルバイト経験があると「真面目」で「信頼感のある」印象を与えられそうだという意見が多く挙がっている。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
暴力事件、理事長選、そしてファッション......貴乃花親方の深い闇
「最初にコーヒーが飲めるのは誰?」ツイッターで流行っていたコーヒーのクイズ
「キラキラネーム」が原因でいじめられた女性 「親を恨みます」に同情の声も
ダイソーに最強のホッチキス現る 中綴じが簡単すぎて快感すら覚える...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加