銀の荒井、日本勢全員入賞の快挙に「まだまだこれから日本の競歩は強くなる」

銀の荒井、日本勢全員入賞の快挙に「まだまだこれから日本の競歩は強くなる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

陸上の世界選手権第10日は13日、英ロンドンで行われ、男子50キロ競歩でリオデジャネイロ五輪銅メダルの荒井広宙(ひろおき、29=自衛隊)が2位に入り銀メダルに輝いた。小林快(24=ビックカメラ)が3位で銅メダルを獲得。同種目で日本代表選手が複数メダルを獲得するのは初の快挙。丸尾知司(25=愛知製鋼)が5位入賞を果たした。

No image

男子50キロ競歩、バッキンガム宮殿前を通過する荒井(左)と小林(左から3人目)ら

レース後のインタビューコメントは以下の通り。

▼2位・荒井広宙(3時間41分17秒)

なんとかメダルを獲ることができてホッとしています。今回はスロベキアや豪州の実力者が出ていなかったので、メダルを獲らないといけないなという気持ちがあった。まだまだこれから日本の競歩は強くなっていくと思うので、もっと期待してもらいたいと思います。

▼3位・小林快(3時間41分19秒で自己ベスト更新)

途中で荒井さんが何度も声を掛けてくれて、何とか粘ることができました。苦しかったときもあったが、代表に入れなかった人たちのためにも頑張ろうと思った。50キロは2回目の挑戦。最後まで楽しく歩ききることができました。

▼5位・丸尾知司(3時間43分3秒で自己ベスト更新)

なんとか2人のメダルに続くことができて良かったです。本当に苦しい50キロだったが、たくさんの応援が聞こえた。皆さんのおかげでゴールすることができた。荒井さんや競歩の先輩方がつくってくれたレールに小林くんを始めとする若手選手が乗っかった。先輩方のおかげです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
C大阪・清武、W杯最終予選が絶望的に
[MOM2194]松山工FW向井和哉(2年)_もう一人の大会“MVP”。突破で魅せて、値千金ゴールも!
松本DF飯田真輝が入籍「出会い成長させてくれた全ての人に感謝」
C大阪・清武が22日再合流へ ケガ回復遅れ戦列復帰は未定
[adidas Cup福岡]“華麗なる猛虎”東海大福岡が3連覇達成!松山工は今年も決勝で屈す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加