ダニエル 第8シード破り8強

ダニエル 第8シード破り8強

  • tennis365
  • 更新日:2017/09/14
No image

全米オープン時のダニエル : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスツアーの下部大会であるシュチェチン・オープン(ポーランド/シュチェチン、レッドクレー、ATPチャレンジャー)は13日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク129位のダニエル太郎が第8シードのR・オリーヴォ(アルゼンチン)を7-5, 7-5のストレートで破り、ベスト8進出を決めた。

>>加藤vsクルニッツ 1ポイント速報<<

>>ジャパンウィメンズOP 対戦表<<

この試合、ダニエルは第1セットで相手のブレークポイントを7度凌ぎ、セットを奪う。続く第2セットでは3度のブレークに成功し、2時間20分で勝利した。

準々決勝では世界ランキング124位のB・フラタンジェロ(アメリカ)と対戦する。

24歳のダニエルは今シーズンのチャレンジャー大会で優勝を1度、準優勝を2度果たしている。

また、今大会には第1シードに世界ランキング30位のR・ガスケ(フランス)が出場しており、順当に勝ち上がると準決勝で顔を合わせる組み合わせ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
男子ソノカムも8強「お客さん残ってくれ良かった」
ツォンガ 16本のエースで勝利
タカマツペアの試合でハプニング...最前列の観客が発作を起こして倒れる
前回女王ウォズニアッキが辛勝で8強入り、コンタは初戦敗退 東レPPO
昨年初Vも今年は初戦敗退
  • このエントリーをはてなブックマークに追加