【一杯酒場】東京・蒲田「寿美吉(すみよし)」

【一杯酒場】東京・蒲田「寿美吉(すみよし)」

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2017/10/14
No image

希少鮮魚の刺身や「黒宝豚のせいろ」蕎麦 高級食材を「蒲田価格」で味わえる

蒲田というのは大衆的な名店だらけの街。ゆえに地元民たちの良い店を見極める目も肥え、旨くて安くないと絶対に納得しない、「蒲田価格」とも呼ばれる基準が存在する。そんな中にあって、真に美味な酒とつまみ、そして蕎麦が、お手ごろ価格で堪能できるのがここ「寿美吉」だ。

定番の玉子焼きや天ぷらに、「天ぬき」なんてメニューも揃っていて蕎麦前大歓迎の構え。聞けば、夜は飲み客で1階のテーブル席から2階の広い座敷までが埋まるそう。

銀座で頼めばこの倍の値段は下らない超極上品の「鴨焼き」は、蕎麦の「かえし」を使ったソースと生わさびの相性が抜群。味わい濃厚ながら食感は究極に柔らかく、思わず目を閉じるうまさだ。現在調理場を仕切る二代目が惚れ込み、通いに通いつめてついに認められ、仕入れが可能になった焼津の「サスエ前田魚店」から直送される刺身は、全国でも数店にしか出回らない希少にもほどがある鮮魚ばかりで、生き生きとした歯ごたえと甘味を蓄えた芸術品といえよう。名酒「宝山」の焼酎粕で育てた珍品、鹿児島県産「黒宝豚」の旨味をたたえたツユで頂く「黒宝豚せいろ」の、二八の細麺を締めにたぐれば、身も心も大満足間違いなし。

■寿美吉

住所:東京都大田区蒲田5-28-12 電話:050-5872-9814 営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00 定休日:日

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サイゼで3,000円使ったらどれだけ豪遊(?)できる!?実際に注文してみた--みんな大好きミラノ風ドリアに辛味チキンも
思うさま生ハムが食べたい人は「Di PUNTO(ディプント)」へGO!ワインと相性抜群のメニューが勢ぞろい
【究極焼肉】極薄の絶品カルビがこの世のものとは思えない旨さを生む / 鶴松カルビ
2017年のハロウィン気分を盛り上げる!限定の手土産スイーツ4選
【衝撃】フォルクス信者がステーキの王様『エンペラーステーキ』を食べてみた結果 / 六本木「エンパイアステーキハウス」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加