最終戦 4強残り1枠かけ激突

最終戦 4強残り1枠かけ激突

  • tennis365
  • 更新日:2017/11/17
No image

Nitto ATPファイナルズ : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスの最終戦であるNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は17日に大会6日目を迎え、準決勝へ駒を進める4選手のうち3選手が出揃い、残る枠は1つとなった。

現段階で4強入りを決めたのは、第2シードのR・フェデラー(スイス)、第6シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、第8シードのJ・ソック(アメリカ)の3選手。

世界ランク2位のフェデラーは、予選ラウンドロビンを3戦全勝で勝ち抜き、2年ぶり14度目のベスト4進出を果たした。

ATPファイナルズでは、2003・2004・2006・2007・2010・2011年の6度タイトルを獲得しており、今回は大会7度目の優勝を目論む。

今回、台風の目となっているのは初出場の25歳ソック。

大会2週間前の時点で「RACE TO LONDON」(最終戦出場ランキング)24位と圏外にいたソックだったが、ロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)で怒涛の追い上げを見せ、「ATPマスターズ1000」で初優勝を飾ると同時にATPファイナルズの出場権を獲得する大逆転劇を演出。

その後、予選ラウンドロビンでも快進撃は止まらず、フェデラーに敗れるもA・ズベレフ(ドイツ)M・チリッチ(クロアチア)を破る番狂わせを起こして準決勝進出を果たした。勢いに乗る若手がこのまま突き進むのか、見どころの1つと言える。

一方、グループ・ピート サンプラスでは第1シードのR・ナダル(スペイン)が膝の負傷により棄権。補欠のP・カレノ=ブスタ(スペイン)が繰り上がりで出場している。

初出場のディミトロフが既に2勝をあげて4強入りを決めており、残るは1枠。

現在1勝1敗で並んでいるのは、第4シードのD・ティーム(オーストリア)と第7シードのD・ゴファン(ベルギー)の2選手で、この直接対決の勝者が準決勝への切符を手にすることが出来る。

ティームとゴファンは今回が10度目の対戦で、過去はゴファンの6勝3敗。しかし、室内ハードでの対戦成績は1勝1敗となっている。

どちらが勝っても初の準決勝進出、最後の1枠へ滑り込むのはどちらになるのか。17日の予選ラウンドロビンから目が離せない。

■スポナビライブはこちら>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フェデラーがBBCの最優秀外国人選手に選出、史上最多の4回目
錦織 15歳のジュニア1位を祝福
ティームら3選手が出場表明
小島瑠璃子がラリーに挑戦
デ杯と五輪見据え国籍を変更
  • このエントリーをはてなブックマークに追加