「ニセ同級生」に釣られるマスコミたち 新潟事件で大漁...呆れる声も

「ニセ同級生」に釣られるマスコミたち 新潟事件で大漁...呆れる声も

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/05/15

新潟市西区の女児殺害事件で、死体遺棄などの疑いで逮捕された小林遼(はるか)容疑者(23)の同級生を騙る偽のアカウントが、ツイッターに複数登場している。

No image

イタズラ目的とみられる「ニセ同級生」にまんまと釣られ、取材依頼のリプライ(返信)を送るマスコミも続出。ネットユーザーからは、「まだこんなのに騙されるんだw」「恥ずかしくないのかよ...」など呆れたような反応も出ている。

「せめて名前を検索してから取材依頼しろよ」

小林容疑者の「ニセ同級生」がツイッターに現れ始めたのは、逮捕翌日の2018年5月15日朝頃からだ。あるアカウントは、

「小林遼?中学時代同じだったわ...けいおんっていうアニメの話盛り上がったかな...」

と投稿。これには、朝日新聞、毎日新聞、情報番組「あさチャン!」(TBS)、週刊誌「フライデー」の4媒体が、取材交渉のリプライを送っていた。

だが、このアカウントは5ちゃんねる(2ちゃんねる)上の動向に詳しいユーザーから見れば、明らかに「釣り」と分かるものだった。

投稿者の名前や顔写真、プロフィール欄に記載されている情報が、5ちゃんユーザーの間で執拗にネタにされている人物のものだからだ。実際、この人物の名前をツイッターで検索すると、本人を自称するネタアカウントが10件以上ヒットする。

そのため、小林容疑者の同級生を自称した今回のツイートをめぐっても、投稿のリプライ欄や5ちゃんねる上には、

「まだこんなのに騙されるんだw」」「せめて名前を検索してから取材依頼しろよ」「割とマジでネットに詳しいやつくらいバイトでもいいから雇っとけよ恥ずかしい」

など、取材を依頼したマスコミを揶揄するような投稿が相次いでいる。

J-CASTニュース編集部では、このアカウントの運営者に対し、小林容疑者をめぐる投稿に反応したメディアにどのような対応を取っているのかを尋ねるため、取材依頼のリプライを送ったが、15日19時までに返信はなかった。

「マスコミがダボハゼのように釣れる」

「ニセ同級生」アカウントは1つだけではない。別のユーザーも15日朝に、「小林遼?どっかで聞いた名前だと思ったら中学同じだったわ...」とツイート。これにも、テレビ朝日報道局、TBS社会部、情報番組「ビビット」(TBS)が取材依頼をしていた。

だが、このユーザーは数時間後、「元同級生って名乗っただけでだけで取材のインタビューめっちゃ来たわ」と報告。その上で、

「そもそも俺新潟に住んでなかった」

と呟いていた。なお、このユーザーのプロフィール写真にも、5ちゃんねるでネタにされている動画配信者のものが使われていた。

さらには、「同級生ってツイートすると報道関係者めっちゃ釣れるらしい」「マスコミがダホハゼの様に釣れる」との情報も交わされるように。こうした影響もあってか、ツイッター上には、真偽不明の「同級生」が大量発生する事態となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テリー伊藤、西城秀樹さん・山口百恵さんの秘話を暴露も「テレビで話すな」と炎上
林家三平、沈黙破る「親を俯かせ、家族を苦しめ」「身内と呼びたくない」
歌舞伎界、片岡愛之助を排除の動き...役者人生を狂わす嫁・藤原紀香の存在
顔面が激変の巨乳リアリティ女優、股間露出で炎上!
安達祐実の夫婦生活に「ド変態」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加